中学の理科の自由研究でのまとめ方!

今回は中学校での、

理科の自由研究のまとめ方について、

書いていきます。

スポンサーリンク

自由研究って、

意外と楽しんで実験を終わらせることも多いのですが、

まとめる時は大変なものです・・・。

そこで、今回は、まとめるときのポイントについて、

抑えておきました!

表紙を作る

まず、表紙を作ります。

表紙では、今回自由研究で行った研究テーマと、

自分の名前を書きましょう。

表紙を見て

「自由研究でどんなことをやったのか?」

分かるといい印象を与えるかも?

 ↑目次へ戻る↑

研究の動機について書く

次に、研究の動機について書きます。

例えば、あなたが自由研究で行った理由は、

どんな理由だったのか?

ということを、書いていきます。

例えば、

「なぜ、空は青いんだろう?」とかです(笑)

→なぜ、空が青いのかについては、コチラを参照

↑目次へ戻る↑

研究の目的

この研究の目的では、

研究を通じて何を確かめたいのか?

ということを、書いていきます。

例えば

研究動機「雨にあたるとハゲるって聞くけど、なんでなんだろう?」

という動機だったとして(笑)

「じゃあ、雨って酸性なの?アルカリ性なの?」

ということを、調べてみました。

これが目的です。

↑目次へ戻る↑

研究の方法について書く。

目的を立てたら、次に研究方法を書きます。

例えば、雨だったとしたら、

雨水をプラスチックのコップに採取して、

リトマス試験紙につければ酸性なのか?

あるいは、アルカリ性なのか?

はたまた、中性なのか?

判断することが出来ますよね。

また、このとき普段使っている、

シャワーやお風呂の水も、

酸性かアルカリ性を調べてみることで、

「雨が○○性だから、悪いのかな?」と言った、

仮説をたてることが出来ますね。

このように、実験は1つのことだけでなく、

反対側の側面からも見る必要があります。

例えば、先ほどの例で出た

「雨で濡れるとハゲるらしい」という仮説は、

「じゃあ、水道水で洗った時は、ハゲないのか?」ということも、

調べてみるといいってことです。

↑目次へ戻る↑

スポンサーリンク

研究結果について書く

ここでは、実験で得られたデータを、

分かりやすくまとめます。

数字や表、グラフ、実際に使ったものなど、

工夫をしてできるだけ分かりやすくまとめて下さい。

↑目次へ戻る↑

研究から得た考察について書く

最後に、研究から得た結果を、

整理して説明します。

自分の予想と、合っていたのか?

あるいは、外れていたのか?

結局、その仮説は迷信だったのか?

(雨に濡れるとハゲるらしいのは迷信だったのか?)

ということを、本やネットを調べながら、書いていきます。

そこで、

「さらにこういった研究もしたら、

もっと詳しく分かるんじゃないか?」といった、

次の実験に繋げる展望も、

あると良いです。

↑目次へ戻る↑

反省と感想を書く

今回の自由研究を振り返って、

気付いたことなどをまとめます。

「こんなことが大変でした」とか、

「こんなことをしてる時が楽しかったです」とか、

「ここをもう少し変えればよかったなあ」とか、

実験中に思ったことを書きましょう。

↑目次へ戻る↑

参考にした本、またはサイトについて書く

最後に、考察の時に参考にした本や、

サイトについて、書きます。

どこから調べたものなのか?

あるいは、そのサイトや本は信用できるものなのか?

レポートの内容に信ぴょう性を増すためにも、

最後に本やサイト名(URL)を表記します。

↑目次へ戻る↑

レポートをまとめるときのワンポイント!

レポートは基本的にこの流れになりますが、

頭のなかで分かっていても、

書いてる途中にグチャグチャになってしまうもの・・・。

そこで、ひと通り書きたいことを箇条書きにして、

順番に並べたメモを作っておきます。

その後、一旦下書きをして、それを清書すると、

綺麗なレポートが出来上がります。

また、下書きの際に、

出来るなら他人に実験の内容を見てもらって、

変なところはないか?チェックしてもらうと、

よりよいレポートが完成します。

それでは、これで

中学の理科の自由研究でのまとめ方について、終わります。

お疲れ様でした!

スポンサーリンク

コメントを残す