コーヒー飲み過ぎで腹痛!?吐き気やめまい!?症状について!!

私達の身近にあるコーヒー。

普段から、コーヒーをよく飲む人も、

多いのではないでしょうか?

この記事を読んでいるあなたも、その内の一人かもしれませんね。

しかし、コーヒーは飲み過ぎることにより、副作用もあります。

今回はそんな副作用について、記事にしました。

スポンサーリンク

コーヒーとカフェインについて

コーヒー_カフェイン

まず、コーヒーに含まれているカフェインについて、

知っておく必要があります。

カフェインには、基本的に以下の作用があります。

  • 中枢神経を興奮させる作用
  • 胃酸の分泌を促進する作用
  • 利尿作用
  • 心拍数を増加させる作用

このことをまず、抑えておいて下さい。

コーヒーの飲み過ぎによる腹痛

コーヒー飲み過ぎ_腹痛

次に、コーヒーによる腹痛について、考えてみます。

コーヒーによる腹痛は、

利尿作用による、膀胱の痛みかも知れませんし、

胃酸の分泌により、胃が痛んでいるものかもしれません。

実は、カフェインを大量に摂取すると、

胃酸の分泌が過剰に促進され、

胃が痛んで、お腹が痛くなることがあるのです。

そう考えると、下痢になるのも、

この「胃酸の分泌」が、原因かも知れませんね。

やはり、コーヒーと腹痛は、無関係とは言い難いです。

コーヒーの飲み過ぎで吐き気の症状も!?

コーヒー飲み過ぎ_吐き気

あなたは、コーヒーを飲み過ぎた日に、

気持ち悪くなった経験はありませんか?

実はこれ。

カフェインの過剰摂取によって、

引き起こされるものなんです。

これは、先ほどの腹痛と同じく、

胃酸の分泌によるものかもしれませんね。

実際に調べた結果、胃酸の分泌が過剰に促進され、

気持ち悪くなることが起こり得るのです。

また、コーヒーに含まれるタンニンが、

胃を刺激するため、

これが原因で気持ち悪くなることもあるそうです。

【関連】→口内炎はコーヒーが原因で出来る場合が!?

コーヒーの飲み過ぎによる他の症状は?

他にも、コーヒーの飲み過ぎによって出てくる症状は、

あるのでしょうか?

調べてみたところ、コーヒーによって、

不眠などの睡眠の妨げになるようです。

これは、よく知られている事実ですよね。

他にも、カフェインの軽度の依存症によって、

コーヒーを飲まないと落ち着かなかったり、

イライラしたりする事があります。

(PS.この部分は追記しました)

実は「コーヒーの飲み過ぎで頭痛を引き起こす」

というのは、半分正解で半分ウソのようです。

これは何故かと言うと、

コーヒーに含まれているカフェインは、

血管を収縮する作用があります。

偏頭痛は、血管が過度に拡張されることによって、

頭の神経を圧迫して、偏頭痛を起こしてしまいます。

なので、コーヒーを適度に摂取することによって、

拡張された血管が収縮するため、偏頭痛が和らぐことがあります。

しかし、コーヒーを過剰に摂取したとしたら、

収縮した血管の反動で血管が拡張し、逆に頭痛になることも…。

ですので、コーヒーで頭痛が和らぐ場合は、

適量を摂取した場合ということになります。

加えて、コーヒーが原因で頭痛になるとすれば、

コーヒーを常飲している人がコーヒーを止めると、

その反動で頭痛になることがあるようです。

また、不整脈やめまいと言った症状に関しては、

コーヒーの飲み過ぎで起こる症状です。

その辺りの理由については、

次の項で書いていきますね。

コーヒーの飲み過ぎとめまい

実は、コーヒーに含まれているカフェインで、

めまいやふらつきを引き起こす可能性は、あります。

これは、カフェインが神経系に作用して、

興奮状態になるためです。

なのでもし、あなたが

「めまいの原因がコーヒーにあるかも・・・」と思っている場合は、

コーヒーの摂取量(カフェインの摂取量)を

抑える必要があるでしょう。

ただし、先程も書きましたが、

いきなり断つと頭痛の原因にもなりますので、

徐々に抜いていくのが良いでしょう。

スポンサーリンク

コーヒーを飲み過ぎた場合の対処

カフェインを取り過ぎた場合、

どうやって改善すればいいのでしょうか?

体内にあるカフェイン自体を解毒するものはありません。

そのため、体内のカフェイン濃度を、

薄めることの方が重要になってきます。

例えば、水や麦茶など、カフェインが入っていないものを、

飲むようにしましょう。

(緑茶などはカフェインが入っているため、

注意が必要です。)

最近では、カフェインの含まれていないお茶も、

多く存在しています。

例えば、爽健美茶は、

カフェインも含まれていないので、オススメですね。

→爽健美茶はこちら

最後に、予防と対策ですが、

コーヒーを薄めて飲む方法が一番かと思います。

薄めると言っても、

水で薄めるのもひとつの手段ですが、

ミルクを入れて飲むというのが、

味も損ねないため、オススメです。

また、最近ではカフェインが少ない珈琲もありますので、

そちらを飲むようにするのもありかと思います。

コーヒーと上手に付き合っていきましょう!

追記:コーヒーに関する記事をまとめてみました。

スポンサーリンク

関連記事はこちら!

この記事に関するコメント

  1. 岡崎さおり より:

    コーヒーを飲んだら血管が収縮するはず…
    そして、収縮したものは反動で拡張します。拡張した時に神経を圧迫するので頭痛がする、というのが多くの説明かと思います。
    なので、適量だと頭痛がなおるし、逆に飲み過ぎると頭痛を引き起こすこともありえます。

    • 倉科 より:

      コメントありがとうございます!
      コメントの内容を反映し、再度編集させて頂きました。

コメントを残す