暖冬の理由はエルニーニョ現象?雪も多いってなんで!?

今年の夏は冷夏なので、
今年の冬は暖冬になると言われていますね。

でも、なぜ暖冬になるのか?

あなたはご存知でしょうか?

そういう私自身も知らないので(汗)

今回、調べてまとめてみることに。

スポンサーリンク

暖冬になる理由はエルニーニョ現象が関係してる?

暖冬になる理由として、

エルニーニョ現象が起こっているからと、

言われています。

そもそもエルニーニョ現象って、

何のことでしょうか?

エルニーニョ現象とは、

赤道中央から南米のペルー海岸あたりまでの、

海面の温度が上昇。

これにより、大気の循環に様々な影響する現象のことです。

エルニーニョ現象は、数年に1度起こる現象で、

起きると半年~1年半ほど、

海面の温度が上昇している状態になるそうな。

ざっくり言うとこんな感じです。

では、エルニーニョ現象が起こっている時期に、

日本ではどんなことが起こるのでしょうか?

実は、エルニーニョ現象が起こった年に、

日本では梅雨が長引き夏は涼しくなり、

また、冬は暖かくなりやすいのだとか。

だから、今年の夏は冷夏と言われ、

冬には暖冬と言われているのです。

スポンサーリンク

暖冬の冬は雪が多いの!?

ところで、暖冬になると雪が降る事が多いと、

昔から言われているようですね。

ここまでの今の話を考えると、

「冬は暖かくなる」ってことですから、

どう考えても雪降るのっておかしいですよね?

今回、色々と調べた結果、

何となく理由が見えてきたので

今回はその理由について、書いていきます。
ちなみに、

ここからはあくまで私自身の考えた理由ですので、

合ってるかどうかは分かりません。

なので、話半分で読んで頂けると幸いです。

実は、エルニーニョ現象って、

単に暖かくなるわけではないのです。

まず、エルニーニョ現象が起こると、

日本全体を暖かく湿った空気が包み込むというのが、

ポイントです。
単純に暖かいだけならともかく、

暖かく湿った空気ということですから、

各地の降水量が増える傾向にあるのです。

だから、夏は梅雨が長引き、冷夏になりやすいのです。

ともすると、

これって冬にも暖かく湿った空気が流れ込みやすい、

と考えて間違いないでしょう。

つまりです。

普段よりも湿った空気が、

日本全体を覆っている状態になります。

また、山を隔てて中々雪が降らない関東側にも、

暖かく湿った空気が流れ込む可能性が高いのです。

これが結果として、雪が多くなるのではないか?

ということです。

ただし、2007年の暖冬の年と言われていた時、

この時は東京の観測史上、

初めて冬に雪が降らなかった年となりました。

なので、あくまで“降りやすい”というだけで、

本当に降るかと言われると、また別の話になってきます。

実際に暖かい状態が続けば、

雪は雨に変わりますからね。

というわけで、今回は暖冬について、

詳しく調べてまとめてみました。

今年は暖冬と言われていますが、果たしてどうなるのでしょうね?

スポンサーリンク

コメントを残す