バレンタインデーとチョコレートの歴史!!

現在、バレンタインデーといえば、

2月14日に行われる、

「女性から男性へとチョコレートをあげる行事」

のことを指します。

ところで、そのバレンタインデーって、

どういう歴史があって、始まったものなのでしょうか?

今回はその点について、詳しく書いていきます。

スポンサーリンク

バレンタインデーとチョコレートの歴史

そもそも、バレンタインデーとはどういうことがキッカケで、

始まった行事なのでしょうか?

調べてみると「聖バレンタイン」というものが、

すべての始まりでした。

この聖バレンタインのいうのも諸説あるそうですが。

一説によれば、当時の皇帝だったクラウディウス2世。

このクラウディウス2世は、

「愛する人が出来ると兵士の士気が下がる」

との理由から、兵士の結婚を禁止していました。

しかし、当時のキリスト教司祭だった、

ウァレンティヌス(Valentinus)が、皇帝の意に反し、

多くの兵士たちを結婚させていました。

これを知ったクラウディウス2世は、

当然ながら怒り、バレンタイン司祭を捕らえて、

処刑したとされています。

この勇気あるバレンタイン司祭の行動から、

「聖バレンタイン」として、

バレンタイン司祭を恋人の守護神として、

祀るようになったそうです。

スポンサーリンク

ところで、ローマでは毎年2月14日。

未婚女性の名前が書いてある紙を集め、

翌日に未婚男性が、未婚女性の名前が書いてある紙を引いて、

「その紙に書かれている名前の女性と付き合う」

という伝統的な祭り「ルペルカリア祭」が存在しました。

(ルペルカリア祭とは、

結婚の女神ユノや豊穣の神マイアを崇拝する祭りのこと)

しかし、この祭りは風紀が乱れるとして、

キリスト教の聖人を祀る行事へと変化しました。

この時に祀る対象となったのが、

バレンタイン司祭でした。

というのも、バレンタイン司祭の処刑の日が、

ちょうどルペルカリア祭の前日。

そのため

「バレンタイン司祭はルペルカリア祭の生贄にされた」

と解釈されるようになります。

このことから、キリスト教徒にとっても、

2月14日は祭日となります。

これらが最終的には現代のように、

「恋人たちの日」という解釈になったというのが、

一般的に言われているバレンタインの歴史のようです。

バレンタインの記事をまとめてみた

スポンサーリンク

コメントを残す