バレンタインデーの由来は日本独自のものもある!?

前回は海外でのバレンタインデーの歴史でしたが、

日本ではどのような由来で広まったのでしょうか?

今回は日本でのバレンタイデーの由来について、

調べてみました。

スポンサーリンク

バレンタインデーの由来は日本独自のものも?

実は、「バレンタインデーにチョコを送る」というのは、

日本独自の文化でもあります。

また、日本独自の文化でいうと、

「女性から男性へ」というのも、日本独特のものです。

では、どうしてそのようなことになったのでしょうか?

日本のバレンタインの由来についても見ていきます。

これにも諸説あるようですが、

一番最初は、1936年2月12日。

東京で発行されていた英字新聞

『ザ・ジャパン・アドバタイザー』

での広告が始まりと言われています。

この時、この英字新聞には

「あなたのバレンタインにチョコレートを贈りましょう」

というキャッチコピーの広告が掲載されていました。

これが日本でバレンタインデーにチョコを送るというのが、

きっかけになったのではと言われています(モロゾフ説)。

とはいえ、この宣伝文句は英字新聞に載せていたもので、

当時は「日本にいる外国人向けの宣伝」だったようです。

なので、日本人に浸透したかと言われると、

そうでもなかったようです。

スポンサーリンク

時は進んで、1958年。

メリーチョコレート会社が、

新宿・伊勢丹の売り場に「バレンタインセール」と、

手書きの看板を出して、チョコレートを販売していました。

バレンタイデーにチョコレートを送るのは、

「これが始まりではないか?」という説もあります

(メリーチョコレートカムパニー説)。

ちなみに、この時のバレンタインセールの3日間で、

売れたチョコレートの数は、

30円板チョコ5枚と4円のカード5枚だけ・・・。

バレンタインデーの戦略で売れたとは、

到底いえないほどの量でした。

しかし、メリーチョコレート会社は翌年、

めげずにハート型チョコを作って再挑戦しました。

ちなみにこの時は宣伝文句に、

「女性から男性へ」と宣伝文句を付け加えました。

どうやらバレンタインデーでチョコレートを上げる理由が、

「女性から男性へ送るもの」となったのは、この時からのようです。

その後、1960年に森永製菓が、

バレンタインの企画を新聞広告などのマスコミを通して行ないました。

この辺りからチョコレートの販売に、

多くの会社が積極的に動き出すようになっていきます。

そして、現在のように

  • バレンタインデーにチョコを送る
  • チョコをプレゼントするのは女性から男性へ

という風習が根付いたと言われています。

こうやって考えると、

企業の販売戦略に踊らされているようにも思いますが・・・。

少なくともローマでは、

バレンタイン司祭に感謝するお祭りです。

そういったロマンチックな部分を考えつつ、

バレンタインを楽しむのが、一番なのではないでしょうか。

バレンタインの記事をまとめてみた

スポンサーリンク

関連記事はこちら!

コメントを残す