節分飾りのいわしの由来は?いつからいつまで飾るの?

昔はよく、節分飾りといえば、

なぜか鰯(いわし)の頭が飾ってあったと思います。

最近では玄関に柊鰯(ひいらぎいわし)が飾られている光景も、

少なくなってきましたが。

今でもたまに、飾っているところもありますね。

ところで、この節分飾りの柊鰯は、

いつからいつまで飾るものなのでしょうか?

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

節分でいわしを飾る由来は?

節分で飾ってあるいわしは、

柊鰯(ひいらぎいわし)、

もしくは焼嗅(やいかがし)といいます。

節分のいわしの飾り付けについては、

ほぼ全国共通で、

焼いた鰯の頭だけを切り取り、

柊の枝に指すというもの。

これを玄関や門に結びつけて、

飾り付けます。

ところで。

そもそもなぜ、

節分にいわしを飾るようになったのでしょうか?

これには2つの説があります。

ひとつは、鬼が「いわしの匂いが嫌いだから」

というものです。

ちなみに、鬼が鰯の臭いを嫌う理由についても調べたところ、

鬼は元々臭いに敏感なようです。

なので、強烈な匂いのする鰯の頭は、

鬼にとっては苦手、という理屈です。

話を戻します。

いわしの臭いが嫌いな鬼は、

柊鰯の置いてある家に近づかなくなるため、

飾るそうな。

また、いわしを焼くことにも意味があります。

いわしは焼くと、匂いが強くなりますよね?

なので、いわしを焼くことによって、

より鬼を寄せ付けないことに繋がるそう。

そして、柊に刺しておくのにも、

理由があります。

柊はその刺によって、

鬼の目を刺すので、

たとえ鬼が寄ってきても家に入れない、

ということなのだとか。

ちなみに、

反対にいわしは鬼の好物であるという説もあります。

これはどちらかと言うと

「鬼がいわしの匂いにおびき寄せられ、

食べようとしたら柊で目を刺すため」

という風な解釈です。

まあ、どちらにせよ、鬼を寄せ付けないために、

柊鰯が飾られているわけですね。

スポンサーリンク

節分飾りの柊鰯の作り方

まず、鰯の頭を焼きます。

次に、柊を用意します。

そして、柊の枝に鰯の頭を差し込みます。

・・・終わりです(笑)

節分飾りの柊鰯はいつからいつまで飾る?

ところで、その節分飾りのいわしは、

いつからいつまで飾るものなのでしょうか?

まず、“いつから”という点について。

これは、小正月の翌日(1月16日)からが、

最適と言われています。

これより早いとお正月とかぶりますので、

お正月気分が抜けてからってことですね(笑)

次に“いつまで”という点について。

これにはいくつか意見が分かれていて、

2月いっぱいまで飾るところもあれば、

ひな祭りの日まで飾るところもあるそうな。

と言っても、一番多いのは当然ながら翌日です。

節分だからといって

イワシの頭を長くぶら下げておくのも、

猫が寄ってきたりしそうで問題でしょうし、

翌日に外すのが一番かと思います。

節分飾りで使った柊鰯の処分方法は?

あと、この柊鰯の処分の方法ですが、

鬼除けに使用していたものですから、

なんだか捨てるとなると厄が返ってきそうで、

危ない気もしますよね^^;

そこで、処分方法についても調べてみたところ、

これにもいくつか処分方法がありました。

一番良さそうなのは、

「半紙に包んで塩で清めて捨てる」

という処分方法。

これならば手軽に清めることも出来て、楽ですよね。

この処分方法で心配なら、

灰になるまで焼いて、玄関先に盛るといいそうな。

これなら柊鰯の処分後も、

鬼も寄せ付けないですし、一石二鳥(?)ですね。

ちなみに、節分の由来については、

こちらの記事も合わせてご覧ください。

→豆まきや鬼の由来を簡単に説明すると?

→節分や豆まきの由来を子ども向けに伝えるには?

節分についてさらっとまとめてみた

スポンサーリンク

コメントを残す