節分や豆まきの由来を子ども向けに伝えるには?

もうすぐ節分の季節ですね。

節分では柊鰯を飾り付けたり、

豆まきをしたり・・・。

と、色々とすることがありますが、

節分由来について、子供向けに分かりやすく伝えるには、

どうすればいいのでしょうか?

この点について、今回は書いていきます。

スポンサーリンク

そもそも節分の由来って?

節分の由来を子どもたちに優しく伝える前にまず、

私達が節分の由来を理解している必要があります。

当然ですよね?

節分の由来を子どもたちに教えようとするのであれば、

私達が節分の由来を、深く理解していなければ、

伝わるはずもありません。

というわけでまず、節分の由来をしっかりと、

分かりやすく解説していきます。

節分のそもそもの意味としては、

季“節”を“分”けるという意味があります。

季節の始まりといえば、

立春・立夏・立秋・立冬とありますが、

実は、春夏秋冬の4つの季節を分ける季節自体が、

“節分”なのです。

なので、節分って実は、1年に4回あるものです。

ではなぜ、現在は節分が2月3日のみ、

節分の日として残っているのでしょうか?

それは、立春の節分の日と、旧暦が関わってきます。

というのも、旧暦では「立春正月」という言葉がありました。

この言葉からも分かるように、

実は立春である現在の2月3日は、

旧暦ではお正月に当たります。

そのため、この2月3日の節分は、

大事な節目の日として考えられていたのです。

これは、現在の私達でいうところのお正月と、

同じような感覚なのかもしれませんね。

節分の豆まきや鬼の由来は?

豆まきや鬼の由来については、

以下の記事に書いてありますので、

合わせて参照してみてください。

→豆まきや鬼の由来を簡単に説明すると?

スポンサーリンク

節分の由来を子ども向けに伝えるには?

では、節分の由来を子供向けに分かりやすく伝えるには、

どうすればいいのでしょうか?

これについてもいくつか有りましたが、

基本的にはそのまま伝えるということが、

最も有効なようです。

また、節分は元々、1年の始まりと終わりの境であると紹介した後、

鬼退治にフォーカスすることで、

「災いのもとに鬼がいるんだよー、だから鬼をやっつけよう!」

という風に持っていくのが、一般的な流れのようです。

また、節分のペープサートの動画も発見しました。

こちらを参考にしながら、物語形式で伝えていくと、

子どもたちにとっても、楽しく学ぶことが出来ます。


豆まきの由来を子ども向けに分かりやすく伝えるには?

では次に、豆まきの由来を

子ども向けに分かりやすく伝えるにはどうすればいいのか?

書いていきます。

豆まきの由来を伝えるのは簡単で、

「豆をまくことで、鬼を退治しよう!」

ということを伝えればいいだけです。

大分端折る事になりますが、ペープサートなどで

「災いや病気のもとは、すべてわるさをする鬼の仕業だった。」

→「だから、わるい鬼を追い払おう!」

という風に持って行くと、

より子どもたちにもわかりやすいかと思います。

節分の由来で子ども向けにいわしの意味を伝えるには?

昔は柊鰯(ひいらぎいわし)を飾り付けていたものですが、

現在ではあまり見かけなくなりましたね。

柊鰯を飾り付ける意味や時期については、

こちらの記事に書いてあります。

→節分飾りのいわしの由来は?いつからいつまで飾るの?

ここでは子ども向けに、

分かりやすくするための方法について、

書いていきます。

と言っても、

「いわしは鬼が嫌いなにおいで、

鬼を寄せ付けないために、こういう飾りをしておくと、

鬼が寄ってこなくなるんだよー。」

「寄ってきたとしても、

柊のトゲが刺さって痛い思いをするから、

鬼を退治できるんだよー。」

という風に伝えれば、問題ないかと思います。

このようにして、子ども向けにわかりやすく、

日本の伝統行事を伝えていければいいなと思いますね。

節分についてさらっとまとめてみた

スポンサーリンク

関連記事はこちら!

コメントを残す