バレンタインで本命チョコの刺さるメッセージを書くには?

もうすぐバレンタインデーですね。

近年のバレンタインデー事情をみると、

“友チョコ”のように他人に渡すものが増えているようですが。

そんな中でも“本命チョコ”を渡す文化は、

今なお根強い文化として残っていますよね。

そこで今回は、

「本命チョコをどうせ渡すなら、相手に喜んでもらいたい!」

そんなあなたのために、

刺さるメッセージの渡し方について、

書いていきます。

スポンサーリンク

バレンタインで本命チョコの刺さるメッセージを書くには?

まずはじめに、

メッセージカードの文章に入る前に、

演出面について書いていきます。

この点を抑えるだけで、より男性の心に刺さる、

バレンタインメッセージとなります。

可愛いメッセージカードを用意する

メッセージカードは、見た目でその人の性格を、

ある程度表していると言っても過言ではありません。

せっかく頑張って作った本命チョコや、

値段の張るチョコレートを丁寧に選んで買ったとしても、

メッセージカードが汚れてたりしたら、

ちょっと嫌な気持ちになりますよね?

メッセージカードひとつでも、

女性としての美しさが現れるのです。

このメッセージカードですが、

手作りで作っても問題ありません。

ただ、あまりに時間が取れない場合や、

チョコレートに時間をかけたい場合は、

購入して使用するのも有りだと思います。

自分の好みでいいので、

丁寧にメッセージカードを選びましょう。

→アマゾンでメッセージカードを探す
→楽天市場でメッセージカードを探す

手紙は一人で読んでもらう

次に、手渡ししたメッセージカードは、

基本的に一人になった状況で読んでもらいましょう。

これには理由があります。

その理由は、

本命チョコを手渡しした時の感動と、

メッセージを読んだ時の感動が、

それぞれ分かれてやってくるからです。

つまり、1回のバレンタインで、

2回の感動を与えることで、

より、男性の心を揺さぶることになるのです。

なので、本命チョコを渡して、

すぐにメッセージをを読んで貰おうとは

しないようにしましょう。

メッセージカードについては内緒にしておくか、

家に帰ってから読むようにと、

一言添えるようにするといいです。

では、次にメッセージカードの文章について、

書いていきます。

スポンサーリンク

バレンタインデーの回数を記載

バレンタインデーで過ごした回数について、

書いていく文章パターンが有ります。

これは、書かなくてもいいのですが、

もし、文頭の言葉が思いつかない場合は、

こういった回数から入っていくと良いでしょう。

本命チョコを作った時、選んだ時の努力を描写をする

次に、本命チョコを作った、

あるいは選んだ過程について、

ある程度詳細に書いてみてください。

男性からしたら、

チョコレートをただ渡しただけだと

「わざわざくれたんだ」とは思っても、

どういう思いで作ったか、選んだかまでは、

伝わりません。

当然ですよね?

なので、

「買ったチョコレートだと素っ気ないかなと思って、

頑張って手作りチョコを作っちゃいました。」

とか、

「わざわざチョコレートを買いに都心にまで出向いて、

お店の人から色んなチョコレートを聞いて回って、

このチョコを選びました」

とか、そういう状況描写をしていってください。

そうすれば男性側は

「あ、こんなに大変な思いをして、

わざわざ選んでくれたんだ!」

と、思うようになるわけです。

今までの楽しい思い出を書いていく

本命チョコを作った、選んだ過程を書いたら、

次に書くのは今までの楽しい思い出です。

あなたは本命チョコをあげるわけですから、

何か理由があって、その人を好きになったわけです。

つまり、その好きになった時の思い出について書くと、

相手に伝わりやすいメッセージとなります。

感情をストレートに表現

その上でもし、書けるのであれば、

直接的な表現を伝えるといいです。

例えば「好きです」 という文章ですね。

書いて渡せる度胸があるのなら、

書いてみるのもいいかと。

これからの二人の関係性について書いて伝える

で、ここからは自分の思い描く理想について、

書いていくといいです。

これを書くと、相手がその描写を想像します。

すると

「あなたと付き合う(付き合い続ける)と、

こんな楽しいことが待ってるんだ」

という風に、相手にワクワク感を与えることが出来ます。

ぜひ、使ってみてください。

ホワイトデーの見返りは求めない

最後に、 ホワイトデーのお返しについては、

もとめないようにしましょう。

ホワイトデーのお返しを求めると、

相手にとって重荷となります。

なので、ホワイトデーについては、

文章にしないのが最も良い手かと思います。

以上が、バレンタインの本命チョコを渡す際、

刺さるメッセージの書き方についてでした。

ぜひ、バレンタインをキッカケに、

お相手の男性の心をぐっと引き寄せましょう。

バレンタインの記事をまとめてみた

ホワイトデーの記事をまとめてみた

スポンサーリンク

コメントを残す