虫垂炎の手術時間は?手術後の痛みや入院期間はどの位?

大腸の一部である、虫垂。

この部分が腫れて炎症をおこすことを、

虫垂炎と呼びますが。

今回はその虫垂炎について、

  • 虫垂炎の手術時間は?
  • 虫垂炎の手術後の入院期間はどの位?
  • 虫垂炎の手術後の痛みがある場合は?

ということについて、書いていきます。

スポンサーリンク

虫垂炎の手術時間は?

まずは

「もし虫垂炎になって手術が必要な場合、どのくらい手術に時間が掛かるのか?」

という点について、書いていきます。

手術するとなると、相当な時間が掛かりそうですが、

実際のところ、それほど時間が掛からないようです。

一般的な虫垂炎の手術時間は、

約30分~1時間程度。

その間に治療が済むことが多いです。

ただ、場合によっては脂肪が虫垂のところに伸びていたりすると、

それを剥がさなければなりません。

そのため、1時間弱長くなって2時間弱になる。

なんてケースも有ります。

とはいえ、基本的には2時間もしない手術とみて、

間違い無いでしょう。

よって、基本的に虫垂炎の治療時間は、

約1時間程度です。

虫垂炎の手術後の入院期間はどの位?

では、手術が終わった後の入院期間は、

どのくらい掛かるのでしょうか?

虫垂炎の程度にもよりますが、

これは手術の内容によって変わってきます。

まず、虫垂炎の手術で最も早く退院できるのは、

腹腔鏡手術です。

腹腔鏡手術はお腹を切る部分が小さくて済むため、

早く退院出来るのです。

腹腔鏡手術の場合は、5日程度の入院で済むので、

退院は約1週間後となります。

次に、開腹手術があります。

これは文字通り、

お腹を切って手術するやり方で、

この方法が最もメジャーでも有ります。

開腹手術で治療を行った場合は、

7日~10日ほどの入院となります。

これに加えて患部の重症度によっても、

入院期間は前後しますので、

一概には言えませんが、目安となれば幸いです。

(腹膜炎を起こしていたら1ヶ月以上の入院もあり得ますので、

早めに治療しましょう。)

スポンサーリンク

虫垂炎の手術後の痛みがある場合は?

最後に、虫垂炎の手術後、

たまに「お腹が張るような痛み」がある場合があります。

この痛みは、基本的には手術後の癒着である可能性が高いです。

特に虫垂炎で膿が溜まっていた場合は、

起こしやすい症状の一つでも有ります。

・・・とは言え、

別の病気の可能性もあるので、痛みが出てきた場合は、

必ずお医者様に相談してください。

というわけで今回は、

虫垂炎の手術に関することについて、

色々と書いていきました。

あくまで一般的なことについて書いてあるので、

最終的には病院へ行って、

お医者様の話をしっかり聞いて、手術へと取り組んでください。

ちなみに、虫垂炎について、以下の記事も多く読まれていますよ。

スポンサーリンク

関連記事はこちら!

コメントを残す