虫垂炎の治療の期間は?抗生物質で治るの!?

虫垂炎の治療の期間は、

どのくらい掛かるのでしょうか?

また、虫垂炎は抗生物質で散らすことで、

治るとの事なのですが、

どういうことなのでしょうか?

今回は虫垂炎の治療について、

詳しく書いていきます。

スポンサーリンク

虫垂炎の治療が抗生物質でできる!?

実は、虫垂炎は虫垂自体を切除して取り出す以外にも、

抗生物質によって治療することも出来ます。

この抗生物質による治療を、

「ちらす」と言います。

ちらすと聞くと、

病原菌が散って治ってないような印象を受けますね。

けれども実際は、抗生物質でしっかりと治療すれば、

完治することも可能なのです。

じゃあ、この“散らす”という言葉は、

どういう意味なのか?と気になって調べてみました。

すると、時点では「散らす」という言葉は、

以下のような意味があるようです。

「はれ・しこり・痛みなどを、切開しないで押さえたり、なくしたりする。」(大辞泉)

なるほど。

つまり、痛みを切開しないで消すという意味合いで、

使われているのですね。

スポンサーリンク

虫垂炎の抗生物質での治療は治らないって聞いたけど?

ところで、この抗生物質に治療は、

以前までは再発率が多いと言われていました。

虫垂炎を散らした場合の再発率は、

大体10%~20%の割合と、言われています。

なので、治療自体は切断がメインで、

抗生物質での治療は避けられていました。

しかし、現在では抗生物質の治療でもきちんと治るため、

症状の進行具合によっては、

「抗生物質での治療が最良なのでは?」

という考え方も出てきました。

ただし、虫垂炎を抗生物質で治療する場合、

「炎症が初期症状の状態」である必要があります。

つまり、軽度の虫垂炎なら、

抗生物質での治療の方が、良いということです。

逆に、ある程度病状が進んでしまっている場合は、

抗生物質のみでの治療は効果が薄くなるため、

手術での治療が一般的です。

それ以前に、痛みがあっても我慢して放置すると、

病状が進行してしまいます。

病状が進行すると、病気が進行して、

腹膜炎になる可能性もあります。

腹膜炎まで病状が進行すると、

最悪命を落としかねないので、

我慢せずに、早めに病院へと受診することを、オススメします。

虫垂炎の治療の期間は?

虫垂炎の治療の期間は、

基本的に虫垂炎の状態によります。

抗生物質での治療は、

抗生物質の点滴と内服薬で、

約1週間程度で落ち着きます。

次に、切開手術の場合は、

腹腔鏡手術の場合は1週間程度

開腹手術の場合は約2週間程度が目安です。

そして、腹膜炎まで起こしていた場合は、

1ヶ月以上治療することもあります。

・・・と言うわけで、

盲腸かなと思った場合は、

早めに病院に行くようにしましょう。

虫垂炎について、こちらの記事も多く読まれていますよ。

スポンサーリンク

関連記事はこちら!

コメントを残す