一面の銀世界の意味は?英語でなんて言うの?

見渡すと辺り一面の銀世界

と言うと「雪が積もった景色」を思い浮かべますが、

そもそも銀世界って、どういう意味なんでしょうか?

また、銀世界は英語で、

なんて表現するのでしょうか?

今回は一面の銀世界について、

詳しく調べてみました!

スポンサーリンク

一面の銀世界の意味は?

まず、辞書で一面の銀世界の意味を調べると、

以下の通りの表現が出てきます。

雪が一面に降り積もって白一色になっている景色。

・・・そりゃそうですよね(笑)

でも、恐らくこれを読んでいるあなたは、

こんなことを知りたくて、

このサイトを読んでいるわけではないはず!

なぜ日本人は、

「一面の銀世界!」なんて、

雪を銀色に表現したのでしょうか?

普通に考えたら、雪の色って“白”ですから、

一面の白世界と表現するのが、

普通ですよね・・・。

恐らくこれを読んでいるあなたも、

私と同じく、そこが一番気になる点だと思います。

というわけで、

その点について、更に詳しく調べてみることに。

スポンサーリンク

すると、どうやら日本人は昔から、

「ある条件を満たしたの白」のことを、

“銀色”と呼ぶ事があるそうな。

その“ある条件”というのが、

光沢です。

というのも、元々銀色というのは、

白銀色と書いて、シロガネ色と読んでいました。

この白銀というのは、

江戸時代に銀を長円形にしたものを、

贈っていました。

この時の三分銀のことを、

白銀と読んでいました。

そこから派生して、光沢のある白のことを、

白銀色と呼ぶようになったのです。

例えば、お寿司のシャリのことを、

銀シャリと呼びますよね。

あれは、お寿司のご飯が光り輝いているから、

銀シャリと呼ぶわけです。

つまり、太陽の光が雪に当たり、

光り輝いて見えるために、

「一面の銀世界」というように、

表現しているのです。

なるほど、それを聞いた後に考えてみると、

確かにその通りです!

一面の銀世界って英語でなんて言うの?

さて、では一面の銀世界は、

英語圏ではなんて表現するのでしょうか?

調べてみると、

英語では「snowscape」

または「snow world」と、呼ぶようですね。

雪を銀色と表現するのは、

やはり日本独自のもののようです。

日本語って面白いですね(笑)

スポンサーリンク

関連記事はこちら!

コメントを残す