赤ちゃんが夜泣きする時期はいつからいつまで?

寝静まった頃に響く、赤ちゃんの夜泣き。

せっかく寝ていたのに起こされ、

色々と試してみたものの、泣き止まない。。

そんな時期が長く続くと、

さすがにお母さんとしても、しんどいですよね。

そこで今回は、

赤ちゃんが夜泣きする時期について、

いつからいつまで続くのか?書いていきます。

スポンサーリンク

赤ちゃんの夜泣きの時期はいつから始まるの?

まずは、夜泣きの時期はいつから始まるのでしょうか?

夜泣きが始まる時期について調べてみると、

一般的には、生後6ヶ月目ぐらいから、

夜泣きが始まると言われています。

また、早い子の場合は、

生後3ヶ月前から夜泣きがあるようです。

もちろん、夜泣きの時期には個人差がありますので、

これ以外の時期から開始することも、あります。

遅い場合だと、2歳~3歳頃になって、

突然夜泣きし始めた子も、居るようですね。

夜泣きが始まる明確な時期はありませんが、

基本的には

「生後4~6ヶ月頃に夜泣きがあるかもしれない」と、

備えておくのが重要かと思います。

赤ちゃんの夜泣きの時期はいつまで続くの?

ところで、赤ちゃんの夜泣きの時期って、

いつ頃まで続くのでしょうか?

一般的に赤ちゃんの夜泣きの終わる時期は、

1歳半頃までには、収まると言われています。

というのも、赤ちゃんの睡眠時間が、

1歳半頃になれば、夜に眠る生活リズムが、

身についていくからです。

一般的な赤ちゃんの睡眠時間は、

以下の通りです。

  • 生後1ヶ月未満(約18時間:昼夜関係なく起きる)
  • 生後1~3ヶ月(約17時間:徐々に昼夜の区別がついてくる)
  • 生後4~6ヶ月(約15時間:夜にまとめて寝るようになる)
  • 生後7~12ヶ月(約13時間:昼間に起きて、夜に寝るリズムができてくる)

・・・という風に、

1歳を過ぎた頃からは生活リズムがわかってきて、

徐々に夜泣きしなくなっていきます。

しかし・・・。

スポンサーリンク

赤ちゃんによっては、

1ヶ月で夜泣きが終わる子もいれば、

逆に、2歳から4歳ぐらいにになっても、

夜泣きし続ける赤ちゃんも居ます。

とはいえ「それは何が原因か?」というと、

赤ちゃんの夜泣きをほったらかしにしていた場合が、

ほとんどです。

赤ちゃんの夜泣き対策をしていれば、

基本的には9ヶ月目を境に、

1歳半までに、徐々になくなっていくと思って間違いないです。

赤ちゃんだって、

ただ泣きたくて、泣いてるわけではないのです。

どこか苦しいから、泣いているのです。

というわけでまとめると、

  • 赤ちゃんの夜泣きが始まる時期は一般的に6歳から。
  • 赤ちゃんの夜泣きが収まる時期は1歳半まで。
  • それまでは夜泣き対策をすること、でないと夜泣きの時期が長引く場合も。

以上を守って、夜泣きの時期を、

なんとかして乗り切っていきましょう。

この記事を読んでる方は、

以下の記事も多く読まれています。

→赤ちゃんの中で夜泣きしない子の特徴とは?

→赤ちゃんが夜泣きしない方法はあるの?

→赤ちゃんの夜泣きで旦那がイライラ!!怒る旦那をどうすれば?

スポンサーリンク

関連記事はこちら!

コメントを残す