熱帯夜にエアコンで電気代は?温度や除湿は?

夏の日になると、寝苦しい夜が続きますよね。

現在は夜中に最低気温が25度以上の夜を、

“熱帯夜”なんて呼んだりします。

今回は熱帯夜をエアコンで乗り切る場合の、

疑問点を書いていきます。

スポンサーリンク

エアコンの温度は?

エアコンの温度は、日中だとよく

28℃を推奨していますよね。

しかし、熱帯夜の定義を見てみると、

「夜中の最低気温が25℃以上の夜のこと」ですから、

28℃では、さすがにエアコンを掛けている意味が、

ほとんど無いでしょう。

では、熱帯夜にエアコンを付ける場合、

温度設定はどうすればいいのでしょうか?

基本的に、熱帯夜の温度設定は、

25℃~26℃が、最適とされています。

夜中にエアコンを運転して寝る際は、

忘れずに設定しておきましょう。

エアコンを除湿にする

熱帯夜を過ごす場合、

エアコンの冷房だと、不安な方も多いでしょう。

そんな時にオススメなのが、除湿機能です。

熱帯夜が暑い理由は、気温もさることながら、

湿度が高いことも、原因の一つです。

夏の湿度は70%以上と、かなり高いです。

一般的に快眠できる湿度は、

50%~60%とされていますので、

除湿をするだけでも、かなり眠りやすくなります。

スポンサーリンク

熱帯夜でエアコンを運転する際の電気代は?

夜中にエアコンをずっと付けていた場合、

電気代はどの程度掛かるのでしょうか?

現在はエアコンの技術も発達してきて、

電気代もあまり掛からなくなってきました。

具体的にどの程度掛かるのか?と言うと、

8畳の場所で8時間運転した場合、

1夜30円程度です。

なので、1ヶ月エアコン生活を続けた場合、

900円程度となります。

これを安いと捉えるのか?

あるいは高いと捉えるのかは、あなた次第ですが、

寝苦しい夜を快適に過ごせるわけです。

翌日のことも考えると、

比較的安い投資だと、個人的には思いますね。

暑い夏だからこそ、

翌日に疲れを溜めないようにエアコンを付けて、

熱帯夜を乗り切るのも手です。

エアコンで体を壊さないために

エアコンを運転すると体を壊すといいますが、

それは間違いです。

エアコンを運転していて、体を壊す原因は、

  • 設定温度が低すぎる
  • タイマーを設定する
  • エアコンの風に直接あたる

この3つがあります。

タイマーを設定すると

室内の気温はあっという間に上昇します。

人間の体は、室内温度の急激な変化に耐えられません。

そのため、睡眠の質も悪くなり、

翌日に体がだるくなるのです。

また、エアコンの風を直接当てるのも、

体の温度が急激に変化するため、

翌日以降に疲れが残りやすくなります。

この3点に注意して、快適な睡眠を心がけましょう。

スポンサーリンク

関連記事はこちら!

コメントを残す