ひな祭りの歌の意味は悲しいものだった!?

ひな祭りといえば、

毎年ひな祭りになると歌われる、

童謡があります。

「うれしいひなまつり」という歌なんですが、

実はこの曲、悲しい曲だったということを、

あなたはご存知でしょうか?

今回はそんなひな祭りの歌の意味について、

書いていきます。

スポンサーリンク

ひな祭りの歌の意味は悲しいものだった!?

まず、「うれしいひなまつり」の歌について、

こちらをご覧ください。

→「うれしいひなまつり」の動画はこちら

一見すると、何の変哲もない、

ひな祭りの嬉しい状況を描いた曲のようにも思えます。

しかし、「うれしいひな祭り」は嬉しい曲ではなく、

むしろ悲しい意味が込められた曲として、

巷では噂となっています。

というのも、歌詞の一部に、

このようなフレーズがあります。

『お嫁(よめ)にいらした 姉(ねえ)様に
よく似(に)た官女(かんじょ)の 白い顔』

こちらも一見すると、

特に問題のないように思いますが、

実はこのフレーズ。

作詞者であるサトウハチローさんのお姉さんと、

重ねあわせたフレーズだと、言われています。

というのも、うれしいひな祭りの作詞者でもある、

サトウハチローさんには、お姉さんが居ました。

サトウハチローのお姉さんが18歳の頃、

嫁ぎ先も決まり、順風満帆な生活を送るところでした。

しかし・・・。

その後、サトウハチローのお姉さんは結核を患い、

わずか18歳という若さで、帰らぬ人となったのです。

歌詞に出てくる

『よく似(に)た官女(かんじょ)の白い顔』

というのは、病床で結核に苦しんでいた、

姉の白い顔を描写したと、言われています。

ひな祭りの歌には結構間違いもある?

ところで、

このままでは「うれしいひな祭り」が、

「かなしいひな祭り」の歌になってしまいそうですが、

実はこの曲には、2箇所の間違いがあります。

まず一つ目が、

『お内裏様(だいりさま)と おひな様』

というところです。

そもそも、お内裏様というのは、

男雛(おびな)を指しているわけではありません。

お内裏様というのは、

「男雛(おびな)と女雛(めびな)両方のこと」を指しているのです。

お内裏様

また、お雛様というのも、間違いです。

お雛様は、

ざっくり言ってしまうと、

全部の雛人形のことを指しています。

お雛様

なので、この場合正しくは、

男雛様と女雛様というのが、正解のようです。

次に、2つ目の間違いが、

『あかいお顔の 右大臣(うだいじん)』

というフレーズです。

というのも、以下の画像を見て頂ければ分かる通り、

お酒を飲んで顔が赤いのは、

右大臣ではなく、左大臣です。

赤いお顔の左大臣

というわけで、童謡と言っても、

この「うれしいひな祭り」には、

結構な間違いが存在するようです^^;

スポンサーリンク

ひな祭りの歌の意味を知ったところで、まとめ

ひな祭りの歌って、何となく聞き流していましたよね。

「これが本当に悲しい曲だったかどうか?」

サトウハチローさんは現在、お亡くなりになったので、

事実としては定かではありません。

しかし、この曲を作ったサトウハチローさん自身は、

この曲があまり好きでは無かったことからも、

有り得る話なのかも。

・・・単純に間違いが多くて、

この曲が好きじゃない可能性もありますけどね(笑)

ひな祭りについては、以下の記事どうでしょうか?

→ひな祭りのひなあられの由来は?色にも意味があった!?

→雛人形の片付けが遅くなると嫁に行き遅れるワケ

→ひな祭りの飾り付けを飾る時期はいつからいつまで?

スポンサーリンク

コメントを残す