ひな祭りの飾り付けを飾る時期はいつからいつまで?

3月といえば、ひな祭り

ひな祭りに飾るものといえば、

お雛様がありますね。

しかし、このお雛様は、いつから飾り始めて、

そして、いつまで飾っておいて良いものなのでしょうか?

今回はそんな飾り付けの時期について、

詳しく書いていきます。

スポンサーリンク

ひな祭りの飾りを飾る時期はいつから?

まず、ひな祭りの飾り付けを飾る時期について、

これはいつからなのでしょうか?

じつは、飾り付けを開始する時期について、

特に決まりはありません。

決まりはないのですが、

2週間前に飾るのが、一般的と言われています。

では、早くていつ頃から、

飾っていいものなのでしょうか?

ひな祭りの飾りを早めに飾りたい場合は、

2月の立春に飾り始めるのが、良いとされています。

“立春”と言うとイメージが湧きづらいですので、

立春について、簡単に説明します。

立春は、節分後の2月4日から、

2月中旬のことを指します。

なので、手っ取り早く言ってしまうと、

「節分が終わったら飾る」ということです(笑)

逆に、飾り付けが遅れる場合は、

いつ頃までに飾れば良いのでしょうか?

これも、決まった時期は特にありません。

しかし、雛人形は飾るのに、ものすごい労力が要りますし、

せっかく飾ったのなら、長く見たいものです。

なので、遅くとも1週間前には、

雛人形を飾り付けるようにしましょう。

  • 早くて節分後すぐに飾り付ける
  • 一般的には2週間前から飾るところが多い
  • 遅くて1週間前には飾る
スポンサーリンク

ひな祭りの飾りを飾る時期はいつまで?

では、ひな祭りの飾りは、

いつまで飾っておいて良いものなのでしょうか?

これについては、

「すぐにしまわないとお嫁に行くのが遅くなる」

という謎理論から、

ひな祭りを終わってすぐ片付けるところが、

多いようですね。

ちなみに、この片付けの時期については、

2つの説があります。

まず、本来の節句は3日がかりの行事だったため、

3月2日~3月4日が節句の行事。

  • 3月2日宵の節句
  • 3月3日本節句
  • 3月4日送り節句

この節句の時期が終わってから、

3月5日に片付け始めるという説があります。

この説の場合、遅くとも3月中旬までには、

片付けるようにしましょう。

しかし、地域によっては、

旧暦の4月3日がひな祭りの場所もあります。

その場合は、飾り付けも1ヶ月遅れの3月を過ぎてから、

飾り付けるようです。

どちらにせよ、この場合も4月中旬までには片付けるため、

基本的には変わりません。

節句を基準とした月の、

中旬までには片付けるようにしましょう。

  • 節句が終わったらすぐ片付ける
  • 遅くとも3月中旬までには片付ける
  • 旧暦の場合でも4月中旬までに片付ける

最後に、雛人形は乾燥した天気のいい日に、

片付けてください。

なぜなら、乾燥した日に片付けないと、

カビの原因になるからです。

ひな祭りについて、以下の記事も読まれていますよ。

→ひな祭りのひなあられの由来は?色にも意味があった!?

→雛人形の片付けが遅くなると嫁に行き遅れるワケ

→ひな祭りの歌の意味は悲しいものだった!?

スポンサーリンク

関連記事はこちら!

コメントを残す