雛人形の片付けが遅くなると嫁に行き遅れるワケ

雛人形の片付けが遅くなると嫁に行き遅れるワケ

「早くお雛様を片付けなさい、でないと嫁に行き遅れるわよ!」

雛人形の飾り付けで、

しばしばこんな言葉が、母親の口から言われますよね。

しかし、なぜ雛人形を片付けるのが遅くなると、

嫁に行き遅れるのでしょうか?

これには理由があるのでしょうか??

というわけで、今回はその謎について、

迫っていきます!

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

「早くお雛様を片付けないと、嫁に行き遅れる」

という説は、諸説あるようで。

大まかに分類すると、3つの説に分けることが出来ます。

古代中国の厄払い説

まず、一つ目が、中国の厄払い説。

ひな祭りというのは、

古代中国の厄祓いの行事であるという説があります。

これは、上巳の節句(じょうしのせっく)と呼ばれていて、

穢れを人形(ひとがた)に移して、流す風習がありました。

現在でも一部の地域では、流し雛をする地域もあります。

で、流し雛の風習からなぞらえて考えると、

「雛人形=人形」ということになります。

「人形は人の厄や災いを移したもの」という考えから、

いつまでも雛人形を飾っておくと、災いが戻ってくる。

すなわち「結婚できない=厄」という考えのもと、

人形に移った悪運を早く片付けないと、

災いが戻ってきて「結婚できなくなる」ということです。

子どものしつけ説

雛人形というのは、きらびやかな飾りですし、

出来れば眺めていたいものです。

また、雛人形というのは、

飾るのは楽しみながらできるものですが、

いざ、しまうとなると、

非常に面倒くさい飾り付けでもあります(汗)

しかし、普通に考えると、

飾り付けだけやって片付けない女の子は、

大人になっても片付けをしない女性になる場合が、

往々にしてあるわけです。

片付けをしない女性と結婚したい男性は、

中々居ませんよね?

なので、飾り付けだけではなく、

「片付けることも大事だよということを、

雛人形を通じてしつける場でもあった」

というのが、この説です。

スポンサーリンク

雛人形は結婚の象徴説

最後に

「雛人形というのは結婚を象徴したものである」

という説があります。

これはどういうことかというと、

雛人形は婚礼の様子を表しているため、

それを娘の結婚と飾る時期を、なぞらえた説です。

例えば、

雛人形を早く飾り付けるというのは、

「早く嫁に出す」という意味合いが。

また、雛人形を早くしまうというのは、

「早く片付く(嫁に行く)」という意味が、

こめられているとかいないとか。

そのため、早く片付けないと

「嫁に行く」事ができないそうな。

まとめ

というわけで、

現在ではこの3つの説が、有力なようです。

個人的には、2つ目のしつけ説が、

一番有力な気がしますね。

・・・でも、娘さんに説明するとなると、

1番か3番目の説を語るのが、得策かもしれませんね(笑)

ちなみに、この記事を読んだ人は、次の記事も読んでいます。

→ひな祭りのひなあられの由来は?色にも意味があった!?

→ひな祭りの飾り付けを飾る時期はいつからいつまで?

→ひな祭りの歌の意味は悲しいものだった!?

スポンサーリンク

コメントを残す