お守りを処分するのに掛かる金額は?郵送で送っても大丈夫?

初詣の時に買ったり、受験シーズンになったら購入するお守り。

気づけばお守りが束になっているなんてこと、

結構ありますよね^^;

古くなったものはお焚き上げした方がいいと聞きますし、

神社で処分すると、どのくらいお金がかかるのでしょうか?

というわけで今回は、

お守りを処分するのに必要な金額について、書いていきます。

スポンサーリンク

お守りを処分するのに掛かる金額は?

実は、お守りを処分するにあたって、

いくらの金額が必要というわけではありません。

神社によっては、お焚き上げ用の箱だけ

用意しているところもありますからね。

また、実際に神社の神主さんの方に聞いてみたところ

『(お焚き上げ料は)お気持ちだけ頂ければ十分です』

との回答でした。

とはいえ、せっかく神様を宿して下さったお守りですし、

お守りのご加護があった場合は特に、

お気持ち以上のお金は返したいと思うところです。

一応、目安としてはお守りと同程度の金額を、

お賽銭箱に入れ、お焚き上げ料とすることです。

お守りを処分するのに遠方の場合は郵送でも大丈夫?

旅行先で購入したお守りや、

お友達や親戚の方からもらったお守りは、

遠くの神社やお寺の場合がありますよね。

そんな時、神社に郵送で送って、

お焚きあげしても大丈夫なのでしょうか?

この場合の答えとしては、2つの答えがあります。

実は近くの神社やお寺でお守りを処分してもらえる

まず、1つ目の答えとして、

「神社やお寺でもらったお守りは、

近くの神社やお寺で処分しても大丈夫」

ということです。

特に、あまりに遠い場所の場合は、

送料も結構かかると思いますので、

近所で済ませる方が良い場合もあります。

とはいえ、しっかりと礼儀を重んじる場合は、

受け取った神社やお寺に返すほうが、

良いかもしれませんが。

スポンサーリンク

それでもお守りを郵送でお返ししたい場合

2つ目の答えとしては、

それでも郵送で送りたい場合です。

調べたところ、遠方でもお守りを郵送で送れば、

お焚きあげしてもらえる場所もあるようです。

お守りを郵送で送る場合は、

封筒を用意し、その中にお守りを入れ、

お焚き上げ希望と記入することで、

お守りをその神社やお寺でお焚き上げしてもらえます。

もし、郵送でお守りに対するお焚き上げ料を払う場合は、

定額小為替(ていがくこがわせ)を使うか、

現金書留を使うと良いです。

ただし、郵送でのお焚き上げに関して、

対応していない神社やお寺もあります。

その場合は素直に諦めて、

現地まで赴くか、近くの神社やお寺に行って、

お焚きあげしてもらいましょう。

この記事を読んだ方は、こちらの記事も読んでいます。

→お守りの処分の仕方や時期は?神社とお寺で違うの?

スポンサーリンク

コメントを残す