ひな祭りのひなあられの由来は?色にも意味があった!?

3月3日はひな祭りですね。

そのひな祭りに食べるお菓子といえば、

ひなあられ」があります。

今では当然のように食べている、

この「ひなあられ」。

あなたは、この「ひなあられ」の意味由来を、

ご存知でしょうか?

今回はそんなひなあられの由来について、書いていきます。

スポンサーリンク

ひなあられの由来は?

そもそも、ひなあられの由来を知ろうと思うと、

まず先に“雛遊び”について知る必要があります。

雛遊び(「ひなの国見せ」ともいう)は、

雛人形を使った遊びのこと。

お雛様は、普段子どもたちが持ち歩く人形のことが由来になっていて、

その雛人形を持ち歩いて色んな所を歩く事を、

雛遊び、もしくは「雛の国見せ」と言いました。

この雛人形を持ち歩いて野山や海辺を散策する際に、

持っていく携帯食料品が『ひなあられ』です。

ひなあられは、春の景色を見せるために、

山へ、海へ出かけて風景を楽しむ際、

雛人形に対するごちそうとして、ひなあられを持っていったのです。

スポンサーリンク

ひなあられは菱餅が由来という説も

ところで、ひなあられには3種類の色が入っていますよね。

実は、ひなあられには

『菱餅を外で食べるために、砕いたものが「ひなあられ」』

という説があります。

確かに、ひなあられの色はよく見てみると、

白・赤(桃色)・緑の3種類が入っていますよね。

実はこれにも意味があって、

ひなあられには、それぞれのエネルギーを表していると、

言われています。

  • 白色のひなあられには「雪の大地のエネルギー」
  • 赤(桃色)のひなあられには「生命のエネルギー」
  • 緑色のひなあられには「木々の芽吹きのエネルギー」

この3種の自然のエネルギーを取り込み、

子供が健やかに成長できるという意味合いも、

ひなあられには込められているのです。

ひなあられは四季が由来?

ちなみに、あなたはもしかすると

「あれ、ひなあられって4色なかったっけ?」

と思ったかもしれません。

実はひなあられにはもう一色、

黄色のひなあられが入っているものも多いですよね?
これはどういうことなのでしょうか?
この場合のひなあられは、
四季を表していると考えられています。

つまり、

  • 春:桜の桃色
  • 夏:青々とした木々の緑色
  • 秋:黄葉の黄色
  • 冬:真っ白な雪の色

これをそれぞれ表しているのです。

そして、ひなあられは、

「1年を通じてお子さんの幸せを願う」という意味合いが、

織り込んであるというわけです。

ひな祭りについて、以下の記事も読まれていますよ。

→雛人形の片付けが遅くなると嫁に行き遅れるワケ

→ひな祭りの飾り付けを飾る時期はいつからいつまで?

→ひな祭りの歌の意味は悲しいものだった!?

スポンサーリンク

関連記事はこちら!

コメントを残す