ホワイトデーのお返しランキング!!社会人で義理の場合は?

3月14日はホワイトデー

ホワイトデーが近づいていることから、

バレンタインデーにいい思いをした男性諸君は、

お返しに結構悩んでいるはず。

たとえ義理といえど、

お返しはしておきたいものですよね?

という訳で今回は、

社会人を想定したホワイトデーのお返し」について、

解説していきます!

スポンサーリンク

義理チョコに対するホワイトデーの値段相場はいくら?

昔からホワイトデーというと『3倍返しだ!』という

半沢直樹よりキツイお返しが必要という、

暗黙のルールがあったようですが(笑)

現在はそんなことはなく、特に義理チョコの場合は、

バレンタインデーに貰ったものよりちょっと高いものが、

相場となっています。

実際に社会人を対象に相場を調べてみたところ、

500円~1500円程度の金額が妥当なようです。

(バレンタインの義理チョコは100円~1000円程度。)

高くても2000円ぐらいですね。

そのぐらいであれば、

負担なくホワイトデーにお返し出来るのではないでしょうか?

ちなみに、ケチると逆に好感度は下がるので(後のgooランキングワースト1位参照)、

少し高めのものを上げるように、注意しましょう。

ホワイトデーのお返しで女性が望んでいるプレゼントって?

ところで、ホワイトデーに女性が望んでいるプレゼントは、
一体どのようなものなのでしょうか?

実際に義理チョコをあげた女性に対して、

アンケートした調査を発見しました。

オリコン・リサーチのアンケートによると、

ホワイトデーに望んでいるお返しはクッキーが2位。

ホワイトデーのお返しランキング!!社会人で義理の場合は?

1位は「お返しはいらない」だし、

あげなくてもいいよね。

という結論は、ここでは除外します(笑)

というわけで、基本的にはお菓子類を上げること、

その中でも特に、クッキーがお返しとして嬉しいようです。
ちなみに、

この際注意しなくてはならない点が、一点あります。

それは、あまり知らないメーカーのチョコは、

出来るだけ避けるという点です。

実は、別のランキングで

「ホワイトデーのお返しで残念だったものランキング」にて。

このランキングの10位にランクインしたのが

「あまり知らないメーカーのチョコレート」でした。

なので、チョコを渡すにしても、

出来るだけ有名なメーカーから

チョコレートを買うようにしましょう。

スポンサーリンク

逆にホワイトデーにお返しで渡しちゃイケナイものも…

ところで、ホワイトデーに渡したいものについては、

クッキーだということが分かりましたが、

逆に、渡してはいけないものも、確かに存在します。

それは「後に残るもの」です。

一見すると何度も使えて使いやすいかも知れませんが、

実はホワイトデーのお返しで残念だったものランキングに、

結構入っているのです。

例えば、ハンカチやタオル、アクセサリー、

キャラクターの小物などです。

こういったあとに残るものはできるだけ避けて、

消耗品を渡すようにしましょう。

まとめ:ホワイトデーのお返しに社会人で義理の場合

いかがでしたか?

ホワイトデーで義理のお返しには、

後に残らないもの、それもクッキーがいい、

ということでしたね。

そして、出来ればあとに残るハンカチやタオル系、

アクセサリーは渡さないようにしましょう。

ちなみに、この記事を読んだ方は、

以下のホワイトデーに関する記事についても読まれていまよ。

→2015年のホワイトデーにクッキーやジュエリーを渡すのはアリ?

ホワイトデーの記事をまとめてみた

スポンサーリンク

コメントを残す