あさがおの育て方!種まきとプランターの間隔は?間引きや摘心は?

夏といえば朝顔の季節。

ということで、今回はあさがおの育て方について、

詳しく調べてみました。

スポンサーリンク

種まきやプランターの間隔は?

アサガオの種まきの時期は、

何時ごろが最適なのでしょうか?

一般的なアサガオの種まきをする時期は、

5月中旬~下旬頃になります。

5月中旬~下旬の間に種まきをすることで、

7月中旬から9月中旬までには、花が咲くためです。

西洋アサガオは飽きに咲くあさがお

しかし、アサガオと一口に言っても、

種類はたくさんあります。

例えば、西洋アサガオの場合、

同じ5月に種まきをしたとしても、

8月中旬~11月中旬までに花が咲きます。

どちらかと言うと西洋アサガオの場合、

夏よりも秋の方が、開花シーズンです。

もしかしたらあなたが「夏になったのに、花が咲かない」

と思っている場合は、

この西洋アサガオを植えていたからかもしれません。

種をまく前に発芽しやすい工夫をする

それはさておき、アサガオの種をまく前に、

やっておきたいことがあります。

それは発芽しやすい状況を整えることです。

朝顔の種は硬いため、発芽しづらいです。

そのため、開花しやすいように、

種を柔らかくする必要があるのです。

一般的には、アサガオの芽が開花しやすいように、

  • 一晩水につけて種を柔らかくする
  • ペットボトルに種を入れて振って種が傷つける

などの対策を行うと、発芽しやすくなると言われています。

まあ、最近では、発芽しやすいように工夫されている種もあるので、

そういった種を選んだ場合は、

以上の作業を行わなくて構いません。

種をまく際の注意点

さて、発芽しやすい環境を整えた後は、

実際に種をまきます。

種をまくのにちょうどいい深さというものがあり、

これは人差し指の第一関節程度と言われています。

プランターにアサガオを植えている場合は、

15センチ~20センチずつ、

間隔を開けて種をまきます。

種をまいた後、

だいたい1週間程度で発芽します。

基本的に種の量は、少し多めに植えてください。

スポンサーリンク

間引きはいつごろ?

多く種を植えたのは、もし芽が出なかった時のことを考慮したためです。

アサガオは、苗が混み合ってくると、

生育がどうしても悪くなってきますので、

心苦しいかもしれませんが、間引きをする必要があります。

間引くタイミングは、

芽が出て本葉が2~3枚になったら、

一番生育のいいものだけを残し、他は間引いて行きます。

本葉というのは、一番最初の葉っぱ(子葉、双葉)の、

次に生えてくる葉っぱのことです。

この時、間引いたものは、

他のプランターに移し替えると良いでしょう。

せっかく生えてきたわけですからね。

基本的には15センチ~20センチ程度の間隔で、

1株ずつ残して、間引いていきます。

プランターの場合は、

1つのプランターに4~5株程度です。

支柱や摘心のタイミングは?

本葉が5~6枚になると、つるが伸び始めてきます。

少しして、本葉が8枚~10枚程度まで生えてきた時に、

つるの先を切って摘心すると、

脇から芽が出て、1株が更に大きく成長します。

まだ枯れてもいない芽なのに切ってしまうのは、

可哀想だと感じるかもしれません。

ですが、これをすると株も大きくなり、

花もたくさん咲くため、何度か行って下さい。

つるが、伸び始めて少ししたら、

支柱を立てて、支柱につるを巻きつけます。

朝顔に関する記事で、以下の記事もどうでしょうか?

→朝顔で押し花の簡単な作り方!しおりにラミネート加工!!

→朝顔の育て方でプランターの肥料は?日当たりや水やりは?

スポンサーリンク

関連記事はこちら!

コメントを残す