ストレスで耳がこもることもある!?どうやって改善すれば?

「ストレスが溜まると耳がこもったような感じに…」

あなたはこのような症状になったことはありませんか?

今回はこの耳がこもることとストレスの関係性について、

解説していきます。

スポンサーリンク

ストレスで耳がこもることもある?

実際にストレスで耳がこもることがあるのでしょうか?

まずはその点について結論から言うと、

ストレスで耳がこもることは十分あり得ます。

例えば、何かのストレスに晒され続けていたりだとか、

プレッシャーの掛かる場面に出くわしたとします。

こういったストレスがかかると、

私達の体は自然とある部分の機能が乱れ始めます。

それが、自律神経の乱れです。

自律神経の乱れ、特にストレスを感じる環境にいる場合は、

自律神経系の交感神経が優位になります。

交感神経が優位になると、

常に興奮状態、緊張状態になります。

すると、私達の体内の血流の流れが悪くなります。

実は、耳がこもるのは、この血流の流れが悪くなるからです。

このストレスによる難聴も、馬鹿になりません。

現代ではストレス社会とも言われていますが、

あなたが耳がこもっていて辛い間も、

常にストレスに晒され続けるわけです。

そうなれば、ストレスによる突発性難聴から難聴になったり、

メニエール病という病気になる可能性もあります。

スポンサーリンク

ストレスで耳がこもる場合の見分け方は?

では、ストレスで耳がこもる場合の病気の見分け方について、

説明していきます。

これについては、お医者さんで調べてもらえば、

実は簡単に判明します。

なぜなら、ストレスからくる耳のこもりは、

耳に炎症や鼓膜の異常等がないからです。

ストレスから来る耳のこもりは、リラックスすることが大切

最後に、ストレスで耳がこもる場合について、

なにか治す方法はないのでしょうか?

これについては当然ながら

「ストレスの原因を取り除く」というのが、

一番手っ取り早いかと思います。

とはいえ、それができたら苦労しませんよね。

なので、ここでは別の改善方法について、

解説していきます。

副交感神経を優位にする

ストレスが受けると耳がこもる理由は、

交感神経が優位になり、血流が悪くなるからでしたね。

ということは、逆に自律神経系の副交感神経を優位にすれば、

自律神経のバランスが取れることになります。

では、副交感神経を優位にするには、どうすればいいのでしょうか?

これについて、最も手軽な方法は

“深呼吸をすること”です。

深呼吸をすることでリラックス状態に変化し、

副交感神経が優位になるのです。

また、お風呂にゆっくりと体を温めることも、

リラックス効果があるので効果があります。

お風呂に入ることは、副交感神経を優位にするとともに、

血流の流れを良くする効果もあります。

ただし、長風呂は交感神経が優位になるため、

逆効果となる可能性もあるので、注意が必要です。

まとめ

いかがでしたか?

たかが耳のこもり、されど耳のこもりだと思って、

しっかりとお医者さんに受診することをオススメします。

そして、出来ればあなたがストレスから開放されることを、

心から願っています。

この記事を読んだ方は、以下の記事も多く読まれていますよ。

スポンサーリンク

関連記事はこちら!

コメントを残す