緊張しすぎて腹痛で下痢になった!?原因は何なの?

緊張して腹痛に…。

しかも腹痛だけでなく、下痢にまでなった!?

これを読んでいるあなたは、

そういった経験があるのかもしれませんね。

今回は緊張しすぎて腹痛下痢になる原因について、

詳しく書いていきます。

スポンサーリンク

緊張しすぎて腹痛になる原因は何なの?

緊張からくる腹痛の原因は、

ストレスからくる緊張から始まります。

私達の体は、ストレスがあると緊張したり、

イライラしたりしますよね?

私達の体は、常に緊張状態が続いてしまうと、

イライラしたり、精神的に不安定になります。

それが脳に伝わると、

私達の体はなんとかしてそれを抑止しようと、

『セロトニン』と呼ばれる物質が、分泌します。

セロトニンとは、脳内神経伝達物質の1つ。

このセロトニンが分泌されると、

落ち着きや心地よさ、満足感などを感じることが出来ます。

このセロトニンとは、

95%が腸で作られている神経伝達物質なのですが。

実は、このセロトニンは、

腸内でセロトニン受容体というものと、結合します。

簡単なイメージ図

ここではこのセロトニン受容体が大事ではないので、

(そういうものがあるんだー)という感覚で、

読んで頂ければと思います。

すると、腸のぜん動運動(消化物を便として押し出そうとする動き)に、

異常が起こり、腹痛を引き起こすのです。

スポンサーリンク

つまり、

  1. ストレスによってセロトニンが分泌し、
  2. セロトニンが腸内でセロトニン受容体と結合し、
  3. 腸内の全道活動が活発になり、

腹痛や下痢になったりするのです。

さらに、この腸の異常が続くようになると、症状が慢性化して、

『過敏性腸症候群(IBS)』になる可能性が高くなります。

なので、できるだけストレスの原因を取り除くことが、

重要になってきます。

次に、この緊張による腹痛について、

治し方と対策について、見て行きましょう!

→緊張による腹痛を治す方法は?腹痛にならないための対策!!

スポンサーリンク

コメントを残す