緊張による腹痛を治す方法は?腹痛にならないための対策!!

前回の記事では、緊張からくる腹痛の原因について、

解説していきました。

→緊張しすぎて腹痛で下痢になった!?原因は何なの?

そこで今回は、

  • 腹痛を治す方法
  • 腹痛を引き起こさないための対策

以上の2点について、解説していきます!

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

緊張による腹痛を治す方法は?

緊張による腹痛を治すには、どうすればいいのでしょうか?

前回までで緊張からくる腹痛や下痢の症状は、

ストレスによるセロトニンの分泌が原因だと、

説明しましたね。

そこで、現在ではセロトニンに着目した治療薬が、

増えているのです。

特に、これまでありとあらゆる治療を試してみたけど、

効果が一向に見られない場合は、

薬物治療を検討してみてくださいね。

薬には抵抗があると感じている場合は、

漢方薬を処方されるところもありますので、

その点はかかりつけのお医者さんと相談してくださいね。

スポンサーリンク

緊張で腹痛にならないための対策は?

とはいえ、緊張に寄る腹痛は、

病の根源である緊張を取り除くことが、先決かと思われます。

そこで、緊張で腹痛にならないための対策は、

どうすればいいのでしょうか?

こちらについてはいくつもありますが、

まずはじめに、食事を改善しましょう。

具体的には、食事は1日3食、バランスの良い食事を、

なるべく決まった時間に食べることを心がけます。

その際、注意しなければならない点は、

冷たい飲み物や香辛料、油分の多いものは、

腹痛に関わるところなので、避けるようにしましょう。

もちろん、暴飲暴食やアルコールの大量摂取は、

出来れば避けておきたいところです。

また、ストレスから逃れるために、

リラックスするよう、心がけることです。

例えば、手軽に行えるリラックス法として、

深呼吸することが挙げられます。

深呼吸することで、体の自律神経系の副交感神経が優位になり、

自然とリラックスできるのです。

また、お風呂やウォーキングなどの適度な運動を行うことも、

リラックス出来る事として挙げられます。

その他、あなた自身がやっていて楽しい趣味をすることでも、

リラックス効果が期待できます。

なのでぜひ、自分なりの気分転換の方法を見つけていきましょう。

最後に、ストレスを解消することも大切なのですが、

それでもストレスが溜まって仕方ない場合は、

ストレスから逃れることも、ひとつの手です。

ぜひ、無理はなさらずに、病気と向き合いましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す