【葬式の香典】親戚や上司のお香典の金額相場はどの位?

【葬式の香典】親戚や上司のお香典の金額相場はどの位?

葬式の香典の金額って、

どれ位用意すればいいのか、迷いますよね。

お香典の金額は地域や故人との関係の深さ、

贈り主の年齢などによっても、金額が異なっていきます。

ここでは一般的なお香典の相場について、

解説していきます。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

親戚に対するお香典の金額相場は?

まず、親戚に対するお香典の金額相場について、

調べてみました。

親戚がどこまで含まれるのかが謎なところですが、

一般的な範囲で以下の通りです。

  • 両親(3万円~10万円)
  • 兄弟・姉妹(3万円~5万円)
  • おじ・おば(1万円~3万円)

以上が知らべた結果、葬式のお香典の相場金額でした。

上司に対するお香典は金額相場は?

次に、職場の上司に対するお香典の金額相場について、

調べてみました。

これは色々なところを知らべた結果、

5000円程度が金額相場となっているようです。

その他のお香典の相場金額は?

お香典の相場金額については、

以下の表が非常によく書かれているので、

今回は引用させてもらいました。

この表を見て頂ければ分かると思いますが、

一般的なお香典の金額は、5000円が相場。

多くても1万円といったところです。

また、親族に近づけば近づくほど、

お香典の金額相場は上がるようですね。

スポンサーリンク

葬式の香典の金額で避けるべき数字がある?

実は、お香典では迷信ではあるのですが、

4と9の番号は禁止されています。

なぜなら、これら数字の読み方にあります。

  • 4≒死
  • 9≒苦

といった意味合いの迷信が、ある数字だからです。

なので、ぜひとも4と9の付く数字は、

避けて金額を整えるようにしましょう。

葬式の香典の金額が少ないのはNG?

実は、葬式のお香典で3000円以下の場合。

これはNGとまでは行かないですが、自粛して欲しいところです。

なぜなら、お香典を出す側は

少しでもお葬式のお役立てになればと、お香典を渡すわけです。

しかし、お香典の量が3000円以下となると、

役立てるどころか、赤字になってしまいます。

例えば、お葬式に掛かるお料理だけでも2500円以上、

返礼品等々で500円~1000円程度掛かるわけですから、

それでは赤字なのです。

なので、せめて5000円以上を目安に、

お香典を出すようにしましょうね。

まとめ

最後に、お葬式のお香典と言えど、

お付き合いの一貫です。

ギスギスした関係にならないためにも、

ひと通りの礼儀はわきまえるようにしましょうね。

こちらを読んだ方は、以下の記事も多く読まれています。

→葬式の挨拶で孫代表の挨拶をする際の流れと2つのポイント!!

→お悔やみの言葉をメールで親戚や上司に送るには?

スポンサーリンク

コメントを残す