【咳が止まらない!!】寝れない場合の3つの対処法!

「寝ようと思っても、咳が止まらない…」

夜中に続く咳、寝付けず睡眠不足になるし、

ストレスも溜まってしんどいですよね^^;

今回はそんなつらい咳について

寝れない場合の対処法について、解説していきます!

スポンサーリンク

咳が止まらない原因は?

その前にまず、咳が止まらない原因について、

考え行きましょう。

まず、咳が出る原因は、

ウイルスやほこりを体内に取り込まないように、

体の外に出すための防衛反応です。

そして夜中に続く咳は、

自律神経の副交感神経と、この咳の防衛反応が、

密接にに関係しています。

そもそも、自律神経とはなにか?

自律神経とは、

  • 交感神経
  • 副交感神経

この2種類の神経のことを自律神経と呼んでいます。

交感神経は、優位に働くと、

体が緊張している状態、張り詰めた状態が続きます。

反対に副交感神経とは、

リラックスしている状態に優位に働く神経です。

副交感神経が優位で咳が止まらない理由

では、副交感神経とと咳が止まらない原因は、

どういうものなのでしょうか?

まず、寝る前になると当然、

人間はリラックスしている状態に変化し、

副交感神経が優位になります。

副交感神経が優位に働くと、

実は気管や気道が狭くなります。

気管や気道が狭くなると、咳をホコリや菌に敏感になり、

咳が出やすくなるのです。

しかし、気管や気道が狭くなるということは、

同時に“菌やホコリも出づらい”ということになります。

なので、何度も何度も咳をして、

それでも菌やホコリがでないから、何度も何度も・・・。

と、咳が止まらないループが出来上がるわけなのです(汗)

スポンサーリンク

咳が止まらない場合の対処法は?

寝付くためには咳を止めなければなりませんし、

どうやって咳を止めればいいのでしょうか?

  1. 喉が乾燥しないように心がける
  2. ツボを押して見る
  3. 横を向いて寝る or 体を起こして寝る

この3つですね。

咳が止まらなくてねれない場合は喉の乾燥を改善する

咳をすると喉が乾燥します。

その状態でどんどん咳をしていくと、喉が乾燥し、

更に咳が出て・・・と言ったループになります。

なので、喉を乾燥させないための対策が必要になります。

そのためには

  • マスクをすること
  • 部屋の加湿をすること
  • 温かい飲み物を飲むこと

等々が、効果的なのです。

しかし、冷たい飲み物は喉の気管を刺激して、

さらに気管を細めてしまうため、逆効果です。

なので、温かい飲み物を飲んでください。

温かい飲み物は、蒸気によって加湿効果があります。

また、温かい紅茶等にはちみつを入れることで、

はちみつの抗酸化作用や抗菌作用の働きを発揮するため、

オススメですよ。

【関連記事】→口内炎に効くはちみつの塗り方!!痛い場合は?

気管支を広げるツボを押す

咳を止めるツボを押すことで、

夜に咳が止まらなくて眠れない状況を、

改善できる可能性もあります。

それが、天突(てんとつ)と呼ばれるツボです。

天突は、ちょうどくぼみの部分にあります。

力入れすぎず、

  • 3秒で少しずつ押す
  • 3秒で少しずつ離す

これを2回程度で十分です。

気管が狭くならない方法で寝る

副交感神経が優位になった状態で気管が狭くなるのですが、

その状態で仰向けに寝ると、更に気管支が狭くなり、

咳が出やすくなります。

では、どうやって寝たらいいのかというと、

  • 横向きに寝ること
  • 軽く体を起こして寝ること

この2点が重要になってきます。

最初は横向きに寝てみて、それでもダメだった場合は、

体を起こして寝ます。

座椅子のようなもので、30°程度、

体を起こして寝ると、気管支に負担なく眠ることが出来ます。

まとめ

風邪を治すためには眠ることも大切、

なのに辛い咳に悩まされると、本当にイライラしますよね^^;

ですが、今回の改善方法を実際に試した所、

私自身も快適に睡眠につくことが出来ました。

ぜひ、お試しあれ。

スポンサーリンク

関連記事はこちら!

コメントを残す