国家公務員は転勤を拒否することが出来る?断る際の3つの理由!!

国家公務員に転勤はつきもの。

とはいえ、家族の都合や、病気等で、

転勤拒否したい場面が出てくるはず。

というわけで今回は、

国家公務員の転勤を拒否することが出来るのか?

また断る際の3つの理由について、解説していきます。

スポンサーリンク

国家公務員は転勤を拒否できる?

まずはじめに、人事異動に照らし合わせて、

国家公務員の転勤拒否について、

考えてみたいと思います。

国家公務員でもパートでも、契約社員でも、

就業規則というものが存在します。

その就業規則やに、

「人事異動を命ずることがある」場合や、

「就業場所の変更がある」と言った文言があれば、

当然ながら人事異動を受け入れる必要があります。

また、雇用契約の中身に、

  • 転勤などの人事異動に応じる場合
  • 仕事の内容がしっかりと明記されていて、その通りの場合。

この2点に当てはまる場合は、

原則断ることが出来ません。

では、転勤が拒否できる場合は、あるのでしょうか?

それについても知らべたところ、

内示の際、正当な理由があれば断ることが出来るようです。

国家公務員の転勤を断ることが出来る3つの理由とは?

では、正当な理由とは何なのでしょうか?

知らべたところ以下の3点が正当な理由になり得るようです。

  • 自分自身が病気の場合
  • 家族が病気で見ていなければならない場合
  • 権利があまりにも乱用された場合

では、それぞれ見ていきましょう。

スポンサーリンク

自分自身が病気の場合

例えば、自分が交通事故にあってしまい、

長期の入院を余儀なくされた場合、

これは人事異動を拒否することが出来ます。

その前に出社出来るか怪しいところですけどね^^;

また、精神的なストレスから、うつ病を発症してしまったりと、

そういった精神面での病気も、拒否が可能となります。

もし、あなたがそういった状況に陥った場合は、

はっきりと理由を伝えて、通院するようにしましょう。

家族が病気で見ていなければならない場合

例えば、数十年の国家公務員を経験し、

10回以上転居を伴う転勤を繰り返し…。

そのような状況になると、

両親が入退院を繰り返すようになることも、

何ら不思議ではありません。

そういった場合でも、

人事異動を拒否する理由になり得ます。

特に両親の世話をする相手が誰も居ない場合は、

これに当てはまりますね。

ただし、両親に自分以外の世話をする相手がいる場合は、

転勤する義務が出てくるかと思います。

権利があまりにも乱用された場合

最後に、人事異動の意図が明らかに不当な場合。

これは権利の乱用と見て、拒否することが出来ます。

まとめ

いかがでしたか?

国家公務員の転勤は、

本当に引っ越しの頻度も多く、大変ですよね。

とはいえ、今回の3つの理由のように、

本当に拒否できる理由は最低限のものなので、

転勤が嫌だから、という理由で拒否はできません。

どうしても家庭の事情や自分の健康面等で、

気がかりなことがあれば、相談してみるのも手です。

この記事を読んだ方は、以下の記事も多く読まれていますよ。

→国家公務員の転勤で内示はいつ?赴任期間や費用はいくら?

→転勤族の主婦で友達の作り方!!パートや仕事の資格は?

スポンサーリンク

コメントを残す