お彼岸に墓参りをするのはなぜ?その理由について

お彼岸に墓参りをするのはなぜ?その理由について

もうすぐお彼岸ですね。

お彼岸にはお墓参りをして、

何かと遠方まで出向かなければならず、大変かと思います。

しかし、

お彼岸にお墓参りをするのは、なぜなのでしょうか?

今回はお彼岸にお墓参りする理由について、解説していきます。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

お彼岸に墓参りをするのはなぜ?

春と秋のお彼岸の日にちについての記事でも書きましたが、

お彼岸の由来は元々超越した悟りの境地のことを

『彼岸』と呼びました。

この彼岸は日本の伝統的な古神道から来ています。

古神道では祖先がなくなると、

その祖先の霊は近くの山里へと登って行くと、

考えられていました。

これを山中他界と言います。

山中他界した霊は、

春頃になると田畑を守るために「田の神」となって、

田畑に戻ってきます。

そして秋ごろになって収穫が終わると、

「田の神」は山に帰るという考えがありました。

特に弥生時代は稲作が伝わり、

田畑を耕すことをしていましたから、

この教えはかなり根強いものになっても、

当然のことかと思います。

この考えのもと、日本では田の神へのお祝いごととして、

  • 春に『祈年祭(としごいのまつり)』
  • 秋に『新嘗祭(にいなめさい)』

というものを実施するようになります。

この祈年祭と新嘗祭が、

今で言うところの春分の日と秋分の日になります。

スポンサーリンク

お彼岸のお墓参りと六波羅蜜に関係が?

ところで、お彼岸の由来の記事では、

【六波羅蜜(ろくはらみつ)】という修行がある、

と書いたと思います。

この修業の過程で、

先祖の供養をして精進することも六波羅蜜の一環であり、

それがお彼岸のお墓参りとなります。

なので、お彼岸にはお墓参りに行き、

感謝の言葉を捧げることが、お彼岸のお墓参りなのです。

祝日法についても、

  • 春分の日:自然を讃え、生命を慈しむ日
  • 秋分の日:先祖を敬い、亡き人をしのぶ日

とされていますよね。

このことからも、お墓参りをすることで、

生命を慈しみ、亡き人を偲ぶ意味も、

込められているのです。

まとめ

お彼岸になると何となくお墓参りをしていましたが、

こんな意味があったんですね。

今年のお墓参りには、しっかりと六波羅蜜を意識して、

ご先祖様に感謝の言葉を捧げるために、

お墓参りに行きたいと思います。

この記事を読んだ方は、こちらの記事もあわせて読んでいます。

→お彼岸のお供え物にのし紙は必要?春と秋で違いはある?

→お彼岸のお布施や塔婆料の金額相場はいくら位?

→【お彼岸】2015年はいつ?春と秋のお彼岸の日にちについて!!

スポンサーリンク

コメントを残す