お彼岸のお布施や塔婆料の金額相場はいくら位?

お彼岸と言えば、お墓参りをしたりしますよね。

その際に掛かるお布施や塔婆料といったもの、

金額相場はいくらぐらいなのでしょうか?

今回はそんなお彼岸にまつわることについて、

解説していきます。

スポンサーリンク

お彼岸のお布施の金額相場はいくら?

お彼岸では、お彼岸法要といって、

家族揃ってお墓参りをするのが仏教行事の1つです。

【関連】→お彼岸に墓参りをするのはなぜ?その理由について

このお彼岸法要には、2通りのパターンが考えられます。

  1. お寺側が開催する合同のお彼岸法要に参加する
  2. 個別にお寺にお彼岸法要を依頼する場合

この2種類ですね。

お彼岸法要に参加するには、

お布施とよばれる金額を包むことが多いです。

では、このお布施の金額相場は、いくらぐらいなのでしょうか?

お布施の金額相場は、

個人で行う場合と、合同で行う場合で、

それぞれ金額に差があります。

まず、お寺側が開催するお彼岸法要に参加する場合は、

3,000円から10,000円が一般的です。

また、合同法要ではなく、個別でお彼岸法要を行う場合は、

お布施の料金も当然ながら上がります。

個別でお彼岸法要を開催する場合のお布施の料金相場は、

30,000円から50,000円程度です。

スポンサーリンク

お彼岸の塔婆料の金額相場はいくら位?

次にお彼岸の塔婆料について、金額相場を調べてみました。

そもそも塔婆料とはなんなのか?

塔婆料とは、卒塔婆に梵字(ぼんじ)や経文(きょうもん)を、

書いてもらいます。

その書いてもらった寺院や僧侶に対して、

支払う代金のことを、塔婆料と言います。

一般的にこの塔婆料は、

2,000円~10,000円が、大体の目安となります。

ただし、各寺院ごとに塔馬の長さや料金が決まっているため、

一概には言えません。

なので、出来れば事前に寺院に確認をとってから、

塔婆料を用意するようにしましょう。

複数人でこの塔馬を建てる場合は、

全員の塔馬名簿を作って、寺院に送る必要があります。

まとめ

お彼岸法要では、意外と金額が掛かることが分かりました。

しかし、これも六波羅蜜の修行のため、

ひいては彼岸へ向かうための修行ですから、

金額について考えたら負けなのかもしれませんね。

お彼岸については、こちらの記事も多く読まれています。

→お彼岸のお供え物にのし紙は必要?春と秋で違いはある?

→お彼岸に墓参りをするのはなぜ?その理由について

→【お彼岸】2015年はいつ?春と秋のお彼岸の日にちについて!!

スポンサーリンク

関連記事はこちら!

コメントを残す