口内炎はビタミン不足?ビタミン摂取に効果的な食べ物や果物は?

口内炎といえば「ビタミン不足で口内炎になる」

という話を、よく聞きますよね。

そこで今回はビタミン不足による口内炎について、

詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

ビタミン不足で口内炎になる割合

まず最初に、口内炎とビタミンに関する事実について、

説明していきます。

あなたは、ビタミン不足で口内炎になる割合は、

いくらぐらいだと思いますか?

・・・。

実は、ビタミン不足で口内炎になる割合は、

全体でたったの20%程度なのだとか。

つまり、口内炎が出来る場合のほとんどは、

他の理由が原因となって、口内炎になっているのです。

とはいえ、

「口内炎とビタミンは全く関係が無い」

というわけではありません。

なので、これを読んでしっかりと、

口内炎に必要なビタミンを摂取することで、

ひいては口内炎の改善にも役立つかと思います。

スポンサーリンク

口内炎に効果的なビタミンは何?

口内炎と関係の深いビタミンには、

以下の3種類のビタミンがあります。

  • ビタミンA
  • ビタミンB群
  • ビタミンC

では、それぞれ詳しく見ていきましょう。

口内炎とビタミンAの含む食べ物

ビタミンAは口内炎の原因となる最近から、

体を守る役割があります。

また、口内炎が複数できる原因のところでも書いた、

胃腸の働きを正常に保つ役割があります。

このビタミンAを多く含む食材は、以下の通りです。

  • レバー(牛豚鶏)
  • すじこ
  • あなご
  • うずら
  • にんじん
  • ほうれん草

口内炎とビタミンB群を含む食べ物

ビタミンB群、特にビタミンB2は、

皮膚や粘膜の新陳代謝をサポートして、

正常な状態を保つ役割があります。

ビタミンB2を含む食材は以下の通り。

  • ししゃも
  • しじみ
  • 納豆
  • チーズ
  • レバー(牛豚鶏)
  • ほうれん草

また、ビタミンB6にも同じく、

皮膚や粘膜の回復機能や、疲労回復の効果があります。

ただし、ビタミンB6に関しては体内で生成されるため、

不足することは少ないです。

口内炎とビタミンCを含む食べ物や果物

最後に、ビタミンCと口内炎の関係についてです。

ビタミンCについてはよく言われていますが、

なぜ口内炎に効くのでしょうか?

それは、ビタミンCのある効果が理由でした。

実は、ビタミンCにはストレスの抵抗力を高める効果があります。

そのため、ストレスで胃が荒れてしまい、

口内炎になってしまうことを防いでくれるのです。

ビタミンCが含まれている食べ物は以下の通り。

  • 赤ピーマン
  • アセロラジュース
  • パセリ
  • めんたいこ
  • レモン
  • いちご
  • 焼きのり

などです。

まとめ

今回はビタミン不足による口内炎について、

その改善策として食べ物を取り上げていきました。

必要なビタミンは3種類

  • ビタミンA
  • ビタミンB群
  • ビタミンC

この3種類のビタミンが口内炎と関係しているのでした。

以上のビタミンを不足しないよう、

バランスよく食事で補ってみてくださいね。

口内炎について、以下の記事も多く読まれていますよ。

スポンサーリンク

コメントを残す