エイプリルフールの由来ネタは4つ存在する!?【どこが発祥の地?】

4月1日といえば、エイプリルフールですよね。

しかし、エイプリルフールの由来って、

どんな内容なのでしょうか?

気になって調べてみたところ、

エイプリルフールの由来は、たくさんあるようですね。

今回はその中からまともそうなのを抽出して、まとめてみました!

スポンサーリンク

エイプリルフール発祥の地はフランス?

まず、エイプリルフールの発祥の地が、フランスであるという説。

昔、ヨーロッパでは3月25日を新年としていて、

3月25日~4月1日までのあいだ、春の祭りを開催していました。

ところが、

1564年にフランスのシャルル9世が、

新年を1月1日にするグレゴリオ暦を採用します。

ここでフランス国民があたふたした挙句、

反抗するために“ウソの新年”として、

4月1日に馬鹿騒ぎをするようにしました。

これに激怒したシャルル9世は、

“ウソの新年”を祝った民を片っ端から処刑するようになります。

馬鹿騒ぎしたら処刑されるって、怖いですねー^^;

このことにショックを受けたフランス人は、この過ちを続けないためにも、

後世に残すように“ウソの新年”を盛大に祝うようになりました。

それが現在の“エイプリルフール”の由来と言われています。

エイプリルフールの由来はインド?

ところで、エイプリルフール発祥の地はインドである、

という考え方もあるようです。

実は、インドの修行僧達は春分の日から3月31日まで、

過酷な修行を行うこととなります。

しかし、せっかく過酷な修行で悟りの境地まで達したのに、

現世に戻ってきてしまうため、

インドの人々はそれを「無駄なことをした」と思うようになります。

そのため、3月31日を「揶揄説(やゆせつ)」と呼び、

その日に人を無駄な使いを走らせてからかったのが、

由来という説です。

これを聞いて私は「お彼岸の日」の波羅蜜多を思い出しました(笑)

→【お彼岸】2015年はいつ?春と秋のお彼岸の日にちについて!!

スポンサーリンク

エイプリルフールは“馬鹿な魚”が由来?

フランスでは4月1日にものすごく魚が釣れます。

そのため、4月1日のことをフランスでは

『4月の魚(Poisson d’Avril)』と呼び、

子どもたちがイタズラをする日となっています。

理由は、その時釣れる4月の魚です。

その魚とは、サバのことなのですが、

このサバがあまりにも簡単に連れてしまうことから

“馬鹿な魚”と読んでいるようです。

で、この“馬鹿な魚”を

食べた人をおちょくって「ばーか」ってからかっていたことから、

発展してエイプリルフールになったという由来があります。

そして今でもこれは由来として残っていて、

子どもたちは紙の魚を人の背中にこっそりつけて、

イタズラするのです。

上下関係が逆さまになる日

古代ローマでは主人と奴隷の関係がはっきりしていました。

しかし、1日だけこの主従関係が逆転し、

  • 主人→奴隷
  • 奴隷→主人

という日がありました。

そのため、主人に対する無礼講を思う存分楽しんだそうです。

これが奴隷(FOOL)から来て、

エイプリルフールとなった説もあります。

まとめ

いかがでしたか?

エイプリルフールについて、

ホントのようでウソっぽいものばっかりですね(笑)

ちなみに現在ではフランスが発祥の地で、

ウソの新年が一番有力とされています。

あなたはどの説が一番しっくり来ましたか?

個人的には奴隷(FOOL)と引っ掛けてるのが、

ウソっぽいけど面白いなあと思いましたね。

スポンサーリンク

コメントを残す