コーヒーを飲むのに最適な時間帯・タイミングは?【朝はNG!?】

私は、コーヒーを朝に飲むのが日課になっています。

ですが、コーヒーを朝に飲むのはNGだということが、

最近になって言われているようですね。

そこで今回は、

コーヒーを飲むのに最適な時間帯とタイミングについて、

詳しく説明していきます。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

朝早くにコーヒーを飲むのがダメな理由

神経科学を先行しているSteven Miller(スティーブン・ミラー)さんによると、

朝8時~9時の間にコーヒーを飲むのはNGなのだとか。

これはどういう理由からなのでしょうか?

どうやらミラーさんの主張によると、

ある特定の時間帯にカフェインを摂取することで、

カフェインの耐性が高まるからなのだとか。

実際にカフェインを摂取は行けない時間帯が、

  • 8時~9時
  • 12時~13時
  • 17時半~18時半

この3回の時間帯は、

コーヒーを飲むとカフェインが効かない体になるのだそう。

では、なぜこの時間帯に飲むと、

カフェインへの耐性が高まってしまうのでしょうか?

実は、私達の体にあるコルチゾールが、

関係していました。

ミラーさんによると、

コーヒーに含まれるカフェインの効果が発揮できるかどうかは、

コルチゾールの血中濃度に左右されるのだとか。

実は、カフェインを摂取するだけでも、

血中にコルチゾールの分泌を促します。

が、コルチゾールが高い状態にコーヒーを摂取しても、

既に体内にコルチゾールが発生しているため、

思ったような効果が得られないそう。

そればかりか、カフェインに対する耐性だけが高まり、

カフェインの効きにくい体に変化し、

カフェインの過剰摂取に繋がるとのことです。

ちなみに、コルチゾールについても調べてみました。

別の研究機関では、

コルチゾールの血中濃度の高い間に飲んでも、

大した問題にはならないと解説していました。

確かに、これは先ほどのミラーさんの言っていたことと、

見解が一致していますね。

さらに、カフェインは血中のコルチゾールの量を高めるため、

夜中にコルチゾール量が増えてしまうと、

成長ホルモンの阻害に繋がります。

なので、夜中にコルチゾールがある状態、

つまりコーヒーのカフェインが体内で作用している状態は、

老化の点において、望ましくないのです。

スポンサーリンク

コーヒーを飲むのにベストな時間帯は?

では、コーヒーを飲むのに適したタイミングは、

いつ頃なのでしょうか?

まず、夜中に血中のコルチゾールの数値を下げるためには、

カフェインの効果を切らす必要があります。

実際には、血中のコルチゾールの値が下がるのは、

おおよそ9時間程度必要だと言われています。

なので、12時前に寝るとしたら、

15時以降は摂取出来ない計算となります。

では、更にミラーさんの見解を掛け合わせると、

  • 朝9時半~11時がベスト
  • 13時半~17時でも効果的

とのこと。

なので、これを合わせると

  • 9時半~11時
  • 13時半~14時まで

という結論が出ました。

まとめ

今回はコルチゾールの関係を見ながら、

コーヒーを飲むのに最適な時間帯・タイミングについて、

考えてみました。

・・・コーヒーを飲むのって結構大変なんですね。

気にして飲むかどうかは、あなた次第です(笑)

コーヒーにまつわる記事について、こちらの記事もどうでしょうか?

スポンサーリンク

コメントを残す