ゴールデンウィークの名前の由来は?【映画orラジオ?】

ゴールデンウィークといえば、

4月下旬から5月上旬にかけての大型連休のことを指します。

が、あなたはこの大型連休を、

「なぜゴールデンウィークと称されたのか?」

ご存知でしょうか?

・・・私は知らなかったので(汗)

今回調べつつまとめてみることにしました!

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

ゴールデンウィークの名前の由来

ゴールデンウィークの名前の由来について、

大きく2つの説に分かれるようです。

  1. 映画説
  2. ラジオ説

まず、映画がゴールデンウィークの名前の由来説です。

ゴールデンウィークの名前の由来は映画?

1948年に『国民の祝日に関する法律』が施行され、

4月下旬から5月上旬の間の1週間が、休日になります。

その間、国民の皆様方は休日のため、

なにかやることが無いか探すようになります。

そこで、1951年に4月下旬から5月上旬の大型連休に上映された

映画『自由学校』が、お正月やお盆の時期よりヒットします。

このため、この時期に可能性を見出した映画業界の人たちが、

『より多くの人にこの大型連休中に映画を見てもらおう!』

ということで『ゴールデンウィーク』と命名。

今でもそれが残っているという説です。

つまり、映画業界的に

「お客さんが集まっていい時期だよね~」って、

ことだったんですね(笑)

スポンサーリンク

ゴールデンウィークの由来はラジオ?

次に、ゴールデンウィークの由来がラジオ説の場合ですね。

これも映画同様にラジオの視聴率が、

4月下旬~5月下旬の大型連休中は高かったことにあります。

以下、All Aboutさんの引用がこちら。

そこで、大日本映画製作株式会社(通称:大映)が、

放送業界用語の「ゴールデンタイム」をヒントに

「最高に素晴らしい1週間」という意味で

「黄金週間」と命名しました。

引用元

ただ、黄金週間と命名しても、

なんだかインパクトに欠けるということで、

よりインパクトの有る

『ゴールデンウィーク』になったと言われています。

ゴールデンウィークは昔『飛び石連休』と言われてた

以上の2つの説を紹介しましたが、ハッキリとした確証はありません。

ので、NHKでは依然として『大型連休』と表現しているそうです。

ところで、以前はゴールデンウィークも飛び飛びに休日が入っていたため、

飛び石連休なんて呼ばれていました。

ですが、国民の祝日に関する法律が改正され、

  • 1973年には振替休日
  • 1985年には国民の休日で5月4日が休みに

ということも相まって、

飛び飛びになることも無くなりました。

まとめ

今回はゴールデンウィークの名前の由来について、

色々と調べてみました。

元々は宣伝目的での命名だったんですね。

この辺りはバレンタインデーの由来と、

同じような感じなのかもしれません。

→バレンタインデーの由来は日本独自のものもある!?

名前に縛られず、休日は楽しく過ごしたいですね^^

ゴールデンウィークについて、以下の記事もあわせてどうでしょうか?

スポンサーリンク

コメントを残す