二日酔いの予防方法!!【お酒を飲む前に】

二日酔いの予防方法!!【お酒を飲む前】

お酒を飲む前から、二日酔いになると分かっていると、

楽しいお酒も楽しくなくなりますよね^^;

そこで今回は、楽しくお酒を飲むためにも、

二日酔いにならないためにお酒を飲む前にやっておきたいことを、

解説していきます。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

二日酔いにならないための3つの予防方法!!

二日酔いにならないための予防方法は、

主に3つ存在します。

  1. 乾杯前になにか食べる
  2. 体調を万全にする
  3. チーズや鶏肉を摂取する

では、それぞれ見ていきましょう。

1.乾杯前になにか食べる

二日酔いにならないためには、

乾杯前に何を食べることをオススメします。

空腹時にお酒を飲むのは、

本当に二日酔いのリスクを高めている行為です。

なぜなら、胃の中に何もない状態でお酒を流し込むと、

アルコールを吸収し始めるため、

肝臓がアルコールの分解を頑張り始めます。

しかし、ここで何か胃に食物が入ってると、

アルコールの吸収速度が遅くなります。

そのため、二日酔いの原因であるアセトアルデヒドの血中濃度が、

ゆるやかに上昇するようになります。

なので、二日酔いになりにくい、

という理屈です。

スポンサーリンク

2.体調を万全にする

次に、体調を万全にすることです。

いくらお酒に強くても、体調を崩していることで、

肝臓の機能が低下します。

肝臓の働きが悪くなると、

アルコールの分解速度も落ちますので、

当然ながら血中アルコール濃度も高まり、

二日酔いの原因となってしまいます。

なので、出来ればお酒を飲む際は、

体調を整えていくことをオススメします。

3.チーズや鶏肉を摂取する

最後に、チーズ類や鶏肉を摂取することです。

チーズに含まれるたんぱく質は、

腹持ちがよく、消化されにくい性質を持っているため、

胃に長く留まります。

先ほども胃に何か物を入れると良いと解説しましたが、

チーズは特に胃に残るため、

アルコールの吸収速度を遅くする効果があるというわけです。

また、チーズにはアセトアルデヒドを分解するために力を発揮しますから、

2つの意味で二日酔いになりにくいのです。

鶏肉も同じく、腹持ちがいいため、

アルコールの吸収速度が遅くなります。

ですし、鶏肉も実は、メチオニンと呼ばれる物質が入っていて、

それが酔いの進行を妨げるため、

二日酔い予防に効果があるのです。

二日酔い予防に牛乳は効果なし!?

最後に補足として、

二日酔い予防に牛乳は効果が無い、

ということについて説明していきます。

よく「牛乳を飲むと膜ができてー」といいますが、

実は膜なんて出来てもアルコールが混ざるので、

正直に言って意味がありません^^;

ですし、医学的根拠も全くありません。

誰かが仮説を立てて、それを鵜呑みしてしまって、

広まった情報でしょうね。

まとめ

いかがでしたか?

二日酔いにならないためにも、何か軽く食べてから、

楽しく乾杯するのも大切なことかと思います。

また、メニューを頼む際に、

鶏肉やチーズと言った食材を頼むことも、

気遣いの1つに含まれるのかも。

ぜひ、試してみてくださいね^^

二日酔いについて、以下の記事も多く読まれていますよ。

スポンサーリンク

コメントを残す