【憲法記念日の意味】子どもに分かりやすく伝えるには?

もうすぐゴールデンウィークですね。

ゴールデンウィークと休みを一括りにしていますが、

ゴールデンウィークの休みには名称があります。

その中に憲法記念日という曜日がありますが、

この憲法記念日って、一体どういう意味で付けられた休日なのでしょうか?

また、憲法記念日を子どもにも分かりやすく伝えるには、

どうすればいいのでしょうか?

今回はその点について、解説していきます。

スポンサーリンク

憲法記念日の意味は何?

まず、憲法記念日の意味について、書いていきます。

憲法記念日は、当然ですが憲法に関係しています。

日本では1947年5月3日に『日本国憲法』が施行されました。

そのため、5月3日は憲法記念日として、

1948年に休日になったのです。

また、日本国憲法には主旨が存在します。

その趣旨とは

「日本国憲法の施行を記念し、国の成長を期する」

ということです。

つまり、日本国憲法は国の成長に期待して、

掲げられた法律でもあります。

ちなみに、この憲法記念日は何も珍しくなく、

日本以外の国でも休日にしている事が多いです。

スポンサーリンク

憲法記念日の意味を子どもに分かりやすく伝えるには?

さて、これをどうやって優しく伝えるか、です。

子どもに伝えるとなると、中々難しいですよね^^;

ですが、簡単に言ってしまえば、

「日本国憲法が始まった日」ということで、問題無さそうです。

もし、それで子どもが

「日本国憲法って何?」と聞いてきたら。

これは、

  • 国民主権
  • 平和主義
  • 基本的人権の尊重

の意味する大枠を教えると良いかと思います。

例えば

「日本で平和に過ごすための法律だよ~。」

と答えると、分かりやすいかなと思いますね。

憲法記念日は“憲”の字が流行った?

ちなみに、憲法記念日について調べていると、

面白い話題を発見しました。

それは、1948年生まれの子どもには、

“憲”が付く子どもが多かった、ということです。

なぜなら、憲法が掲げた期待が、国民全員にあったため、

名前に“憲”を付けることが多かったのだとか。

なるほど、言われてみると納得がいきますね^^

まとめ

いかがでしたか?

憲法記念日は分かりやすい休日の名称ですが、

いざ伝えるとなると、中々厄介な休日ですね(笑)

とはいえ、中学校に入って少しすれば、

歴史の勉強もするため、こういった日本国憲法も学ぶはず。

なので、興味をもった時に一緒に日本国憲法について調べるのも、

お子さんの成長のため、重要な事かもしれませんね。

スポンサーリンク

関連記事はこちら!

コメントを残す