二日酔いで嘔吐が止まらない時の治し方!!

ついつい飲み過ぎてしまい、二日酔いに。

そればかりか嘔吐を伴う吐き気まで催してしまい、

どうしようもないときがありますよね。

私自身も、二日酔いで嘔吐してしまい、

かなりつらい思いをした経験があります。。

今回はそんな二日酔いで嘔吐が止まらない場合の治し方について、

解説していきます。

スポンサーリンク

二日酔いによる吐き気の原因は様々

二日酔いによる吐き気の原因について、

まずは解説してきますが、

正直に言うと吐き気の原因は様々です^^;

主に吐き気の原因として多いのが、

アルコールにより胃酸の分泌が促進されることにより、

結果的に胃酸過多で、吐き気を伴う二日酔いになります。

このパターンが多いですね。

また、アセトアルデヒドによって、

嘔吐や吐き気の状態を引き起こす事も考えられます。

あと、稀にですけど、

低血糖症で嘔吐や吐き気を伴う二日酔いになる場合もあります。

というわけで、以上の3点が主な吐き気の原因です。

スポンサーリンク

嘔吐を伴う二日酔いの治し方

ところで、これらの嘔吐を伴う二日酔いを治すには、

どうすればいいのでしょうか?

これには5つの治し方がありますので、

順番に説明していきますね。

嘔吐が止まらなかったらやっぱり吐こう

結局吐かないと胃の中に嘔吐する要因が入っている状態ですから、

吐いて楽になったほうがいいです。

まずはなにもしないで吐いてしまいそうになる場合は、

素直に吐いてしまいましょう。

また、水を飲んでも吐いてしまう場合も同様に、

吐いて胃の中を綺麗にしましょう。

よく「胃のうがい」と言われたりしますが、

胃にある刺激物が無くなるだけでも吐き気がおさまるため、

これは大切です。

水分を補給すること

また、吐き気を伴う二日酔いの場合は、

どうしても水分までも吐いてしまいますから、

喉はカラカラになります。

なので、無理してでも水は飲んでください。

ただし、水分を含ませるためにも

  • 冷たい水ではなく、
  • 暖かいお湯でもなく、

体温程度のお湯が良いでしょう。

これには理由があります。

例えば、冷たい水を飲んだ場合だと、

私達の体は水が体温程度に温まるまで、

“幽門”という胃の出口の蓋を閉めてしまいます。

しかし、体温程度のお湯だと

胃が体温程度まで温める必要が無くなります。

つまり、体温程度に温める必要がない分、

すぐに吸収されるというわけです。

比較すると、

  • 冷たい水が1時間程度
  • 体温程度の白湯が10分程度

と言われていますので、その差は歴然です。

薬局で吐き気止めの薬を買う

やはり辛い吐き気にはこれが手っ取り早いです^^;

また、胃酸過多で吐き気を催してる場合は、

胃炎を抑える薬も効果的です。

ただし、自分にあっている吐き気止めの薬が必要なので、

見極めが非常に難しいところですね。

生姜を摂取する

現在でも船酔いの民間療法として使われている生姜。

そのため、二日酔いにも一定数、効果が期待できます。

生姜を擦ってスープの中に入れて飲めば、

吸収率も高いですし、同時に塩分も入っているのでオススメですね。

ちなみに、塩分が入っているといい理由は、

「塩分には体内の水分を保つ役割」があるからです。

スポーツドリンクもオススメといえばオススメなのですが、

冷えてると吸収に時間が掛かるため、難しいところですね。

・・・温かいとちょっと不味そうですし^^;

しじみを摂取する

昔から「二日酔いにはしじみが効果的」なんて言われたりしますね。

実は、しじみはアルコールの分解酵素を活性化するとともに、

肝臓のケアまでしてくれるという、二日酔いにはもってこいの食品だったりします。

(詳しくは以下の記事参照)

【参考】→【二日酔いにしじみが効く!】…って本当なの?

二日酔いの嘔吐から早めに立ち直るためにも、

しじみのお味噌汁を摂取するといいですよ。

まとめ

以上、二日酔いの際に嘔吐が止まらない場合の治し方について、

解説していきました。

しんどいですが、なんとか1~2日乗り越えれば、

嘔吐も治まってきますので、時期を待つ他ありません。。

私自身も約1日吐きっぱなしで寝れない状況になりましたので、

気をつけてくださいね^^;

二日酔いについて、以下の記事も多く読まれていますよ。

スポンサーリンク

コメントを残す