敬老の日に制作!!保育園の2歳児では?

今回は敬老の日の贈り物で、

一体何を制作すればいいのでしょうか?

実際に保育園で制作しているものや、催し、

2才児でも作れそうな手作りのプレゼントについて、

詳しく調べてみました。

スポンサーリンク

まず、ある保育園で敬老の日の催しについて、

調べてみると、椅子取りゲームや

文字探しゲームなどを行っていたようです。

意外と参加型のゲームが多いようで、

現在の祖父母様方が、

いかに若々しいかが伺えますね。

また、他の保育園では、

敬老の日のプレゼントとして、

画用紙にビー玉を転がして、模様を書いて、

それをプレゼントする企画がありました。

これなら、1~2才児ぐらいの子どもでも、

手作りできるプレゼントですよね。

また、さつまいも色の折り紙で中身を作り、

その上から新聞紙をまいて、

さつまいもを作る、という企画もありました。

コチラも難しいことはないので、

小さなお子さんでも気軽に作れるかと思います。

また、こういった細々とした作業をすることで、

お子さんも手先が上手に使える練習にもなるので、

一石二鳥ですね。

スポンサーリンク

さらに他の保育園では、子どもの手形と、

顔写真のカードを、

敬老の日にプレゼントしているようです。

これも、難しいことが無いので、

2才児でも十分可能なプレゼントですね。

意外と見てみると、

切り紙や折り紙、似顔絵など、

意外と手先を使ったり、

想像力を働かせる作品が多いようですね。

3才児以上になると、

大分手先も使えるようになってくるので、

かなり顔形の整った似顔絵が、書けるようですね。

なので、似顔絵とお手紙を添えて、

祖父母様に手紙をプレゼントするのが、

保育園では一般的なようです。

あと、個人的に良いなと思ったのが、

水にインクを垂らして、

布に染め物をするプレゼントです。

これなら、ハンカチとしても使えますし、

鮮やかな色のものが出来上がりますので、

祖父母様も、とても喜ぶかと思います。

このように、意外と子どもの出来る事って、

多いようです。

敬老の日のプレゼントを作る際は、

参考にして見て下さいね。

スポンサーリンク

関連記事はこちら!

コメントを残す