歯茎に出来た白い口内炎!?3つ原因とその治し方!!

歯茎に突然現れた白い出来た口内炎。

これってなんなのでしょうね?

口内炎って口の外側に出来るものだと思ってましたし、

それが歯茎に出来たとなると、結構怖いですし…。

というわけで、

今回はそんな歯茎に出来た白い口内炎の原因と、

その治し方について、解説していきます。

スポンサーリンク

歯茎に出来た白い口内炎の原因は?

歯茎に出来た白い口内炎の原因を説明する前に、

口内炎の原因について、説明します。

まず、口内炎になる原因については、

何かしらの傷跡から、雑菌が入り込んで、

炎症をおこすのが原因とされています。

もちろん他にも、

寝不足やストレスが原因で口内炎になることも有りますので、

一概には言えません。

が、一番多い原因は傷からの口内炎です。

それはさておき、

じゃあ歯茎にできる白い口内炎の原因は何なのか?

歯茎に出来る口内炎の種類は、

  • アフタ性口内炎
  • アレルギー性口内炎
  • 壊死性潰瘍性口内炎

この3種類と言われています。

これだけだと良くわからないですよね^^;

私もこれだけだと分からなかったので、

さらに詳しく調べて、まとめてみました。

歯茎のアフタ性口内炎の原因と治し方

これは、先ほど説明した口内炎のことです。

歯茎に傷跡が出来て、

その傷跡から細菌が侵入して、

口内炎になることを、アフタ性口内炎と呼びます。

歯茎のアフタ性口内炎の治し方

このアフタ性口内炎の治し方は、口の中の細菌を減らしたり、

市販で販売されている口内炎のフィルムを貼って、

刺激そのものを遮る他ありません。

口内炎が複数できる原因は?治し方で塩は効かない!?」の、

治し方の項でも書きましたが、

口内炎を治したければ口の中の細菌を減らす必要があります。

そのために、マウスウォッシュを使用することで、

口の中の口内炎をある程度抑えることが出来るのです。

スポンサーリンク

歯茎のアレルギー性口内炎の原因

このアレルギー性口内炎は、ちょっと厄介です。

というのも、このアレルギー性口内炎が出来る原因は、

アレルギー源が歯茎に当たることです。

例えば、食べ物だったり、歯の詰め物だったり、

あるいはマウスウォッシュだったりと、

何かしらアレルゲンがあるはずです。

そういったアレルギーの原因を見直すことが、

このアレルギー性口内炎の改善方法でもあります。

歯茎のアレルギー性口内炎の治し方

アレルギー源さえ取り除けば、

この口内炎は治ります。

が、もし歯の詰め物だった場合は、

素直に歯医者さんに行くことをオススメします。

歯茎の壊死性潰瘍性口内炎の原因と治し方

これが一番やっかいです。

症状は歯としにくの間がただれて白い腫瘍ができるのが、

壊死性腫瘍性口内炎(えしせいしゅようせいこうないえん)の、

特徴です。

原因は口内の細菌によって感染します。

が、全体的に見て栄養バランスが乱れていたり、

極度の疲労やステロイドを常用していたりと、

普通の生活では起こりえない口内炎です。

ので、実はこれの可能性は非常に稀です。

この壊死性腫瘍性口内炎の場合は、

自然治癒は無理があります。

なので、すぐさま病院へ行ってください。

まとめ

歯茎に出来た白い口内炎の原因と治し方について、

解説してきました!

基本的には口内炎が出来たら、

口の中をしっかりと除菌してあげることが、大切です。

また、傷口からなるべく刺激を与えないようにしましょう。

あとは、アレルギーに気づくことですね。

これは難しいので、

一度医者の診察をうけてもいいかもしれません。

口内炎について、以下の記事もどうでしょうか?

スポンサーリンク

コメントを残す