虫垂炎の初期症状で熱は出るの?子どもや妊娠中で症状が違う!?

虫垂炎の初期症状で熱は出るの?子どもや妊娠中で症状が違う!?

誰しもが発症する可能性があると言われる、虫垂炎。

虫垂炎と言われるとあまり馴染みが無いかもしれませんが、

“盲腸”って言うと分かりやすいかもしれませんね。

この病気は「いつ発症するのか?」

予測が難しいのも特徴ですし、

原因が未だによく分かっていない病気でもあります。

ですが、発症して放っておくと、

命の危険もある病気なので、

出来れば初期の段階で見つけておきたい所です。

というわけで今回は

「虫垂炎の初期症状は何なのか?」

について、説明していきます。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

虫垂炎の初期症状で熱は出るの?

虫垂炎の初期症状は、腹部の痛みです。

そういえばちびまる子ちゃんに出てる盲腸の子も、

お腹を抑えてましたよね(笑)

あれはアニメだから笑い事に出来ますが、

早く病院に行かないとですね^^;

また、虫垂炎の初期症状として、場合によっては微熱もありますし、

他にも、嘔吐を伴う吐き気の症状も出てきます。

と、結構風邪と似た症状が出てくるようです。

もう一度、症状をまとめると。

  • 腹痛
  • 場合によって微熱
  • 嘔吐を伴った吐き気

この症状が出るのが、虫垂炎の特徴です。

スポンサーリンク

子どもや妊娠中で症状が違う!?

所で、実は虫垂炎と一言で言っても、

一般的な虫垂炎から、ちょっと特殊な虫垂炎まで、様々あります。

例えば、乳幼児の場合の虫垂炎だったり、

あるいは妊娠中に起こる虫垂炎だったりです。

では、そういった特殊例の症状についても、

見ていきましょう!

乳幼児の虫垂炎の症状

乳幼児の虫垂炎の特徴は、

熱がいきなり高熱になるのが特徴。

しかも、高熱になる時は発症時ではないので、

発見が遅れやすいのです。

どうしても乳幼児の場合は、

発見しようにも訴えかける能力も備わっていないので、

気づきにくいですからね。

発見が遅れがちのため、

腹膜炎を起こしやすいのも、乳幼児の虫垂炎の特徴です。

まとめると

  • 高熱
  • 嘔吐
  • 脱水症状

こういった症状が出たら、

すぐに病院へ向かったほうが良いです。

妊娠中の虫垂炎の症状

妊娠中の虫垂炎の症状は、基本的に同じなのですが、

どうしてもお腹の赤ちゃんがいるため、

我慢をしがちになりますし、虫垂炎の症状と気づかないことが多いです。

我慢してもいいことはありませんし、

最悪、お腹の中の子どもや妊婦自身にも、生命の危険があります。

ので、出来ればお腹が痛いだけではなく、

微熱や気持ち悪さが出てきた場合は、

すぐにお医者さんに訴えかけたほうが良いでしょう。

現在は薬物投与の治療も出来ますし、

また、初期状態の虫垂炎は、手術で盲腸の治療をすれば、

1週間程度で良くなりますので。

まとめ

今回は虫垂炎の症状について、解説してきました。

虫垂炎の症状は、

  • 腹痛
  • 場合によって微熱
  • 嘔吐を伴った吐き気

この症状がメインです。

この症状が出たら、

すぐさま総合病院で診てもらうようにしましょう。

おそらく腹痛となると

消化器内科、消化器外科と言った、

消化器系の、内科及び外科になるかと思います。

虫垂炎について、以下の記事もあわせてどうぞ。

スポンサーリンク

コメントを残す