寝ても寝た気がしない…熟睡するための3つの睡眠改善法!!

前回の記事にて、寝ても寝た気がしない場合の原因について、

3つご紹介しました。

→寝ても寝た気がしない…たっぷり睡眠を取ったのに眠気を感じる原因は何?

今回はその3つの内容の改善方法について、

説明していきます。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

寝ても寝た気がしない場合の3つの睡眠改善法!!

睡眠環境を整える

睡眠環境が悪いと、寝付きが悪くなるというのが、

前回の最初の原因として挙がりました。

では、逆に考えて、睡眠環境を整えれば、

これは改善されるだろうという予測が立ちます。

寝具で何か、最近変えたものはないでしょうか?

だとすれば、戻すのもアリだと思います。

最近、引っ越しや騒音が気になって、

目が覚めたりしないでしょうか?

だとすれば、引っ越しによるストレスか、

あるいは騒音や隣の家の電気などの

明かりによる睡眠環境の悪化が原因です。

騒音や明かりによる睡眠環境の悪化は、

中々難しい問題ですよね。

よほど長続きするのであれば、

引っ越すに越したことはないのですが、

そうでない場合は、

  • 耳栓を付けて寝る
  • アイマスクを付けて寝る

といったことが、改善方法につながるかと思います。

スポンサーリンク

体内時計を整える

体内時計を整えると、睡眠の質が向上します。

体内時計を整えるには、いくつか方法があるのですが、

1つは、メラトニンを生成することです。

メラトニンの生成については、

具体的には別の記事に書きましたので、

そちらを参照してください。

→睡眠の質を向上させるために太陽光が大切な2つの理由!!

メラトニンを生成するには、

以下の2つの項目が重要になってきます。

  1. 食事すること
  2. 光を浴びること

この2つですね。

更に、光を浴びると言っても、

ただの光よりも、太陽の光を浴びる方がいいです。

光の強さがそもそも違いすぎますし、

日光を浴びることによって、自然と夜に眠たくなるので。

お風呂を活用する

また、ノンレム睡眠を深くすることでも、

睡眠の質を向上させるために役立ちます。

人間の睡眠にはノンレム睡眠とレム睡眠が、

交互に繰り返していることは、知っているかと思います。

つまり、睡眠の質を上げるためにも、

ノンレム睡眠時の眠りの深さを深くすることが、ポイントです。

どうやったらノンレム睡眠時に眠りが深くなるのか、

というのは、別の記事に書きましたので、今回はすっ飛ばします。

【関連】→健全な睡眠は健全な入浴に宿る…かも知れない意外な理由

要するに、お風呂に入れってことです。

お風呂を活用して睡眠の質を上げるには、

  • 寝る2時間前
  • 38℃~40℃の温度の湯船
  • 20分程度浸かる

以上の3点を踏まえて睡眠の質を向上させてください。

まとめ

今回は寝ても寝た気がしない場合の対処法について、

ご説明させて頂きました。

といっても、難しいことは極力省きましたので、

すぐにでも実践できるかと思います。

私も実践して、睡眠の質を上げたいと思います。

以下の記事もあわせてどうでしょうか?

スポンサーリンク

コメントを残す