夏風邪の咳が夜に!のどの痛みを治す方法は?

夏風邪の咳って、

中々止まらないことも多いですよね。

また、のどが痛くて痛くてたまらないことも、

しばしば・・・。

そこで、今回は夏風邪の咳にまつわる情報や、

のどの痛みについて、詳しく調べてみました。

スポンサーリンク

夏風邪の咳が夜に続く!?

調べてみると、夏風邪で咳が、

かなり問題となっている人も、多いようですね。

中には夜に咳が出るようになり、

咳のせいで中々眠れないという意見も・・・。

これは何故かと言うと、副交感神経が優位になり、

気管支が収縮しやすくなるため、気道が狭まり、

咳が出やすくなるそうですよ。

これはどうにかして、

夜だけでも咳を止める必要がありますね。

夏風邪の咳を治す方法は?

夏風邪自体は、残念ながらより早く治す方法は、

現在のところありません。

巷では「抗生物質が効く」と言われていますが、

それも科学的な根拠も無いようです。

なので「夏風邪には、自然治癒が一番」

ということになります。

なんですが、のどの痛みを軽くする方法や、

夜中の咳を軽減する方法については、

いくつかありますので、

今回はその方法について、触れていきます。

スポンサーリンク

夏風邪で夜の咳を止める方法について

咳を止めるのに効果的な方法を調べたところ、

いくつか出てきました。

基本的に、咳を止めるには、

マスクを付けて寝ることが、一番手ごろな方法です。

マスクを付けるだけで、喉を保湿する役割を、

担ってくれるからです。

これは、のどの痛みの対策にもなるでしょう。

また、咳を止めるには、

ユーカリのアロマが効果的なようです。

なぜなら、ユーカリには殺菌効果があります。

そのため、咳を鎮めるのに、効果的なようです。

他にも、温かい飲み物を飲むということが、

湯気の蒸気によって、加湿効果が高まり、

咳も自然と和らぐのだそうです。

ただ、夏風邪の話題から脱線してしまいますが、

ここまでの情報では、咳喘息と呼ばれる咳は、

残念ながら、止められないようです。

ですが、さらに、調べてみると、

咳喘息に効果的な方法を発見。

それが、背中を暖める方法です。

というのも、咳に関する神経や風邪に効くツボが、

背中に集中しています。

そのため、背中を温めたり、

マッサージしたりするだけでも、効果があるそうな。

色々と調べた結果、咳だけがどうしても長引く場合は、

先ほどの咳喘息のように、

夏風邪とは違う病気の可能性もあります。

少し、個人的な意見になりますが、私自身も、

夜中に咳で悩まされて、病院へ行ったら、

別の病気を診断されたことがありました。

なので、一度専門のお医者さんにかかることを、

オススメしますよ。

夏風邪でのどの痛みを治すには?

のどの痛みを治すには、

はちみつ大根がオススメです。

このはちみつ大根の作り方は簡単で、

切った大根を、はちみつ入りの瓶に入れて、

数時間漬けるだけです。

喉の調子が悪い時に、このはちみつ大根を、

少しのお湯で薄めて飲むのです。

これをすると喉の調子が良くなるそうな。

理由は、大根に含まれている酵素が、

喉の炎症を抑えてくれるからです。

また、はちみつ自体にも、ビタミンや酵素、

ミネラルなどが豊富に含まれているため、

夏風邪にはうってつけの飲み物なんです。

夏風邪は辛く、長引くのも特徴ですが、

少なくとも負担を軽減することは、可能かと思います。

安静にしつつ、どうしても辛い症状は、

対策して、乗り切りましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す