睡眠の質を向上させるために太陽光が大切な2つの理由!!

睡眠といえば、よく言われるのが

「太陽の光を浴びなさい」ということ。

しかし、何で太陽の光を浴びると、

睡眠の質が向上するのでしょうか?

そんな素朴な悩みを解決するため、

今回は睡眠の質と太陽の光について、解説していきます!

スポンサーリンク

睡眠の質を向上させるために太陽光が重要な2つの理由!

睡眠の質を上げるには、体内時計を整える必要があります。

体内時計を整えると、睡眠の質が向上します。

この体内時計を整えるには、

やはりメラトニンの生成が必要になってきます。

が、メラトニンを生成するには、

さらにセロトニンと呼ばれる物質が必要です。

なぜなら、セロトニンが分解されることによって、

メラトニンが生成されるのです。

まずはこの点を、少しの間だけ覚えておきましょう。

  • セロトニンの分解でメラトニンが生成される

さらに、セロトニンを作り出すには、

トリプトファンという材料が必要です。

トリプトファンは、食事をして摂取する必要があります。

…といっても、パスタやそば、米などで、

普段から何気なく摂取出来てると思いますので、

あんまり気にする必要はないです。

要するに、食事する事が大事ってことです。

さて、ここまで訳の分からない単語が出てきたと思いますが、大丈夫です。

ここからはざっくり言ってしまいますが、

  • トリプトファンを食事することで摂取し、
  • 光によってセロトニンが生成され、
  • 夜にメラトニンが分泌されて眠くなる。

というロジックです。

スポンサーリンク

光の中でも日光が選ばれる理由

さて、更に突き詰めて見ていきます。

光と言っても「日光がいい」というのは、よく言われているかと思います。

しかし、なぜ朝日がいいのか?というと、

2つ理由があります。

  1. 朝日を浴びることでちょうどいい時間に眠気が来る
  2. 日の光が刺激として一番強いから

では、それぞれ見ていきます。

朝日を浴びることでちょうどいい時間に眠気が来る

メラトニンの性質として、面白い性質があります。

メラトニンには、光を浴びている間、

メラトニンの分泌を抑制する働きがあります。

また、光を浴びた後14時間~16時間後に、

再び分泌されるという性質を持っているのです。

要するに、朝6時に日光を浴びまくってると、

夜10時にはメラトニンが分泌され、眠くなってくるということです。

なので、出来れば早くに日光を浴びることをオススメします。

日の光が刺激として一番強いから

「メラトニンを生成するために光を浴びればいい」ということなので、

おそらくここで、かなりの人が疑問に思うことがあります。

それは

「日の光でなくてもいいのではないか?」

という点です。

確かに、光を浴びるのであれば、

家にある光を浴びたり、電気屋さんに行って、

電球の前でずっと立ってるのもありかもしれません(笑)

しかしですね…。

実は、電球の明かりって、日の光の比じゃないんですよね。

太陽の光は、一般的に晴れの日で10万ルクスと言われています。

ルクス…というのは、照度のことです。

難しい話は一応理解したものの、今回はなしにして、

要するにこの数値が高いと明るいってことです。

曇の日でも、1万ルクス程度。

それに対し、百貨店の明かりが、700ルクス程度。

この比較対象から考えれば分かる通り、

よっぽどどんよりとした曇り空で無い限り、

家の光が勝つなんてことは、ほぼないわけです。

よって、太陽の光を浴びましょう、ということになるのです。

まとめ

  • トリプトファンを食事することで摂取し、
  • 光によってセロトニンが生成され、
  • 夜にメラトニンが分泌されて眠くなる。

この3つのことを守って、

睡眠の質を上げるように、こころがけてみてください。

睡眠について、以下の記事もどうでしょうか?

スポンサーリンク

コメントを残す