夏風邪のヘルパンギーナと咳や発疹の関係は?予防と治療について!

ヘルパンギーナ_夏風邪

夏風邪の一種であるヘルパンギーナ。

そのヘルパンギーナについて、

咳や発疹との関係はあるのでしょうか?

また、予防や治療法についても、調べてみました。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

ヘルパンギーナって?

その前にまず、ヘルパンギーナについて、

詳しく説明していきます。

ヘルパンギーナとは、

夏風邪のウイルスのことです。

正確に言うと、コクサッキーウイルスや、

エコーウイルスと呼ばれる、エンテロウイルスです。

主な感染経路は、飛沫感染か接触感染。

潜伏期間は2日~4日ほどなのですが、

高熱が出ている時期も同程度続くため、

かなり辛いかと思います。

また、症状には熱や咽頭痛の他に、

嘔吐などがあります。

ヘルパンギーナと咳や発疹の関係は?

では、ヘルパンギーナと咳や発疹の関係について、

見ていきます。

まず、ヘルパンギーナと咳の関係ですが、

当然ながら風邪なので、あると思います。

ですが、インフルエンザと比べると、

ヘルパンギーナは、咳をあまり多く発生しないようです。

他のプール熱と呼ばれる夏風邪は、

激しい咳が特徴なので、

咳が多い場合は、もしかすると、

プール熱の夏風邪を引いているのかも。

もちろん、ヘルパンギーナは飛沫感染なので、

咳が全くでないということはありません。

ただ、他の風邪と比べると、少ないのが特徴のようです。

しかし、ヘルパンギーナなのに咳が多い場合は、

もしかすると咳を起こす病気を、

併発している恐れがあります。

例えば、のどが乾燥することによる、

咳喘息がその一種です。

では、ヘルパンギーナと夏風邪には、

関連性があるのでしょうか?

調べたところ、

夏風邪のウイルスである、エンテロウイルスは、

発疹を伴うこともあります。

そのため、ヘルパンギーナと夏風邪は、

関係があります。

ただ、突発性発疹症と症状が似ているため、

よく間違われることもあるそうです。

スポンサーリンク

予防と治療について!

ヘルパンギーナの治療法は、

どのような方法があるのでしょうか?

まず、ヘルパンギーナは先程も書きましたが、

のどが痛い状態が続きます。

そのため、食事はのどごしがよく、

さらっと食べれるものが良いとされています。

具体的には、プリンやゼリー、

おじや、柔らかいうどん、豆腐などです。

さらに、水分補給では、麦茶やイオン飲料など、

あっさりして体内に吸収のいいものが、良いでしょう。

また、高熱時のお風呂は、当然NGです。

なぜなら、お風呂あがりの水滴で、

体温が下がってしまい、

病気が長引いてしまう傾向にあるからです。

これは、どの夏風邪でも注意が必要です。

最後に、予防法についても書いていきます。

ヘルパンギーナの予防法は、

普通の風邪と一緒で、

  • 入念な手洗い、うがいをすること、
  • 睡眠をしっかりと取ること、
  • 栄養のバランスがとれた食事をすること

等が挙げられます。

夏限定の予防といえば、

クーラーで部屋を冷やし過ぎないということですね。

なぜなら、部屋が冷えすぎると、

どうしても体温調整が上手く出来なくなり、

自律神経のバランスが乱れて、

結果的に免疫力が低下するからです。

そのため、設定温度は高くすることはもちろんのこと、

どうしても寒い場所にいなければならない場合は、

薄手の長袖を羽織ることをオススメします。

もし、夏風邪が流行っているニュースが入ってきた場合は、

人混みを避けることや、

マスクをすることも、重要になってきます。

なので、風邪が流行っているかどうか、

チェックすることも予防となります。

以上の予防を注意しつつ、

夏風邪を引かずに健康な状態を、維持していきましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す