【二日酔いにしじみが効く!】…って本当なの?

二日酔い、辛いですよね。

私も以前、酷い二日酔いになったことがあって、

吐いて白湯を飲んで吐いて…を繰り返してた時があります。

そんな時、よく耳にするのが

「二日酔いにしじみが効く!」という宣伝文句。

しかし、しじみって二日酔いに、本当に効くのでしょうか?

疑り深い私は「えー本当に効くのー?」と思ってましたので、

これを機「しじみが二日酔いに効くのかどうか?」調べてみました!

スポンサーリンク

二日酔いになる理由をおさらい

まずは二日酔いになる理由について、おさらいしましょう。

二日酔いになる原因は、

基本的にアルコールが肝臓の中で分解される能力が、

アルコールの摂取量を上回った時に陥ります。

  • アルコール摂取量>肝臓の分解能力

なので「上回る程度に飲むな!」というのが本当は先に来るわけですが、

そうは言っても二日酔いなわけで、今更なわけですよ^^;

「二日酔いにしじみが効く!」…って本当なの?

ここからが本題ですが、

「じゃあそんなつらい時にしじみなんて効くの?」

ということですね。

これについて調べてみたところ…。

しじみには、二日酔いに効果的なアミノ酸を多く含んでいました!

二日酔いに効果的なアミノ酸について、

  • アラニン
  • グルタミン
  • メチオニン
  • タウリン
  • オルニチン

これら全てが、二日酔いに効果的なんですね。

では、それぞれ見ていきましょう。

アラニンとグルタミンで代謝が活性化

例えば、しじみに含まれているアミノ酸の中に、

アラニンとグルタミンというものがあります。

このアラニンとグルタミンは、

アルコールの代謝をする役割を持った酵素に対して、

活性化させる効果があります。

また、グルタミンを摂取すると免疫細胞が増え、

胃粘膜を保護する役割もあります。

このため、二日酔いで弱った胃腸には、

とっても効果があるんですよね。

スポンサーリンク
メチオニンはデトックス効果も

また、しじみに含まれているメチオニンは、

肝機能を高め、肝臓の毒素や老廃物の排除が促進します。

いわゆる「デトックス効果がある」ということなんですね(笑)

タウリンは肝機能の修復

タウリンを摂取すると、

肝臓とすい臓の過酸化物が減少すること。

また、胆汁分泌量が増加します。

それに伴って、

タウリンにはアルコールの分解を早めるだけでなく、

壊れた肝細胞の修復をしてくれるのです。

オルニチンは倦怠感の軽減

また、しじみに含まれているオルニチンを摂取すると、

「オルニチンサイクル(尿素回路)」というものが循環します。

弱った肝臓にはアンモニアが溜まりやすく、

また、アンモニアが溜まることで、全身が疲れやすくなります。

そして、その全身の疲れこそが、

二日酔いの諸症状をさらに強く感じる原因とも考えられています。

そこで、オルニチンを摂取することで、

アンモニアがしっかりと排出され、倦怠感が改善します。

それとともに、二日酔いの嫌な症状も軽減するのです。

しかし、オルニチンは摂取が難しい上に、

熱に弱いため、汁物にして調理してしまうと、

ちょっともったいなかったり…。

なので、そういった場合は、沸騰させない程度に、

煮こむことが大切になってきます。

まとめ

今回は

「二日酔いにしじみって本当に効果があるのか?」

説明していきました!

二日酔いに効果的なアミノ酸について、

  • アラニン
  • グルタミン
  • メチオニン
  • タウリン
  • オルニチン

これら全てを含んでいるしじみだからこそ、

「二日酔いに効果的!」というわけなんですね^^

いやはや、疑って申し訳ありませんでした(汗)

ちなみに、お酒を飲む前にもしじみは効果的ですので、

ぜひ、お酒を飲む前にも、しじみを摂取してみてくださいね!

二日酔いについて、以下の記事も多く読まれていますよ。

スポンサーリンク

関連記事はこちら!

コメントを残す