ロブスターには寿命がない!?その理由とは?

あなたは、ロブスターを食べたことってありますか?

私自身は無いのですが、

ロブスターが好きな人にとっては、かなり食事の機会が多いようですね。

さて、そんなロブスターなのですが、

最近になって、面白いことを知りました。

それは

「ロブスターには寿命がない」

ということです。

今回はロブスターの寿命がない理由について、

説明していきますね。

スポンサーリンク

ロブスターには寿命がない!?その理由とは?

ロブスターに寿命がない理由については、

ロブスターの生態に理由がありました。

ロブスターといえば、脱皮をして、

少しずつ大きくなっていく生き物ですよね?

この“脱皮すること”が、

ロブスターが年を取らずに永遠に生き続けることが可能と言われる、

所以でもあります。

実はロブスターが脱皮することによって

殻だけでなく内臓も一緒に新しいものに入れ替わるのです。

そのため、ロブスターは脱皮することによって、

食欲や力・生殖能力までもが変わらないんだそうな。

この理由から

「ロブスターは永遠に生き続けることが可能」

と、科学的には言われているのです。

スポンサーリンク

ホントにロブスターには寿命がないの?

ところで、ここまで説明した上でも

「えー、本当にロブスターって寿命がないって確認したの?」

と、疑り深い人も居るかもしれません(笑)

ここまで来ると、飼いながら確認するしかなさそうですが…。

それも中々生きてる間には難しそうですよね^^;

ちなみに、今まで見つかったロブスターの中では、

推定寿命が140歳のロブスターが、最大級でした。

でも、これもあくまで推定寿命なので、

証明にはなっておりません。

そんなこんなで調べていると、面白い事実を発見しました。

それが

「大きくなることで脱皮不全のリスクが高まる」

ということです。

ロブスターは脱皮を繰り返すごとに、

徐々に大きくなっていくということは、先ほども説明しました。

しかし、内臓ごと脱皮を繰り返すため、

脱皮が失敗すれば死ぬことだってあり得るのです。

そして、体が大きくなればなるほど、

脱皮をする時間も掛かって捕食される可能性もあり…。

脱皮不全によって、死んでしまう可能性もあります。

なので、理論上は寿命がないとしても、

実際にはそこまで長生きできるわけではないようです。

まあ、これも確認したわけではないので、

調べる必要があるでしょうけどね。

という訳で今回は、ロブスターの寿命がない理由について、

説明していきました。

ロブスターの寿命がない理由は、

単純に脱皮によって内臓ごと入れ替わるからでした。

とはいえ、理論上可能というだけであって、

実際にどうなのかは分かりません。

ですが「ロブスターって不思議だなー」と、

私自身は素朴に思いました!

スポンサーリンク

コメントを残す