犬にも夏バテがある!?嘔吐や下痢などの具体的な症状!!

暑い日が続いていますね。

さて、これを読んでいるあなたは、

犬にも夏バテがあることをご存知でしょうか?

おそらく、知っているか、

あるいは「犬にも夏バテがあるらしい」ということで、

この記事を読んでいると思います。

ご自身のワンちゃんのためにも、

今回は犬の夏バテと具体的な症状について、説明していきますね^^

スポンサーリンク

犬の夏バテの症状とは?

犬の夏バテは、人間に似てるところもあったり、

似てないところもあったりします。

なので、犬の夏バテを見抜けるかどうか?

飼い主の目に掛かっています。

あなた自身のワンちゃんのためにも、

しっかりと見逃さないようにしてくださいね。

さて、その具体的な症状なのですが、

犬の夏バテには、以下のような症状が現れます。

  • 食欲が減退する(減る or 無くなる)
  • 散歩のスピードが遅かったり、動きが重たい
  • 元気がなく、ぐったりしている
  • 寝ている時間が増える
  • 便が軟らかい(下痢・軟便)
  • 吐き気や嘔吐

夏の暑い時期に、このような症状が現れたら、

犬の夏バテの可能性を疑ってみてください。

スポンサーリンク

コレって脱水症状?犬の夏バテにも脱水症状がある

夏の暑い時期は、犬の脱水症状もあり得ます。

夏バテや脱水症状は、

似た時期に起こるので、区別が難しいです。

脱水症状になったワンちゃんは、

以下のような症状が現れます。

  • 目や口のあたりが乾いている
  • おしっこをしない
  • 元気がなく、ぐったりしている(夏バテの症状と被る)

このような症状が出るので、見分けるのが難しいのですが、

2つほど、わかりやすい見分け方があります。

脱水症状を見分ける2つの方法

一.肌の弾力を調べる

1つ目は、肌の弾力性が落ちることです。

ワンちゃんは脱水症状の際に、

弾力性を失います。

なので、背中のたるんだ皮膚を掴んで持ち上げ、

手を離してみてください。

この時、脱水症状でなければすぐに皮膚が戻るのですが、

脱水症状の場合は、肌がすぐに戻りません。

なぜなら、脱水症状で弾力性が失われているからです。

二.歯茎を調べる

正常な状態の犬であれば、歯茎はツルツルとしています。

しかし、脱水症状のワンちゃんの場合、

歯茎がネバネバとしています。

この2つの方法を使って、見分ける必要があります。

以上、ワンちゃんの夏バテの具体的な症状と、

脱水症状の見分け方についてでした。

どちらにせよ、夏バテが起こらないように

私達人間が工夫してあげる必要があります。

次の記事では、夏バテのワンちゃんに対する具体的な対応策について、

書いていきます。

→夏バテした犬を治療するには?具体的な2つの対応策!!

スポンサーリンク

コメントを残す