夏バテした犬を治療するには?具体的な2つの対応策!!

前回は、夏バテした犬の症状について、

説明していきました。

今回は夏バテしたワンちゃんを回復させるための

具体的な対応策について、説明していきます。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

夏バテした犬を治療するには?

夏バテしたワンちゃんには、

以下の2つの対応策が重要になっていきます。

  • 食事の対応
  • 運動の対応

この2つですね。

では、それぞれ見ていきましょう。

夏バテした犬の食事の対応

ワンちゃんがドックフードを食べない場合は、

食欲が出るような工夫をしてあげましょう。

例えば、いつものドックフードの中に、

ワンちゃんの好物である物を混ぜてみるとかです。

また、夏の時期は、

ドライフードよりもウエットフードを好みます。

これは人に置き換えて考えてもらえれば、分かると思います。

例えば、パンなどの乾いた食事よりも、

スープやフルーツなどを食べるほうが、難なく食べれますよね?

ワンちゃんも同様なのです。

夏場だと特に、水分不足に陥りやすいため、

乾いた食べ物よりかは、ウェットフードを用意してあげるのも手です。

その他にも、ウェットフードではなく、

野菜や水分量の多い食事を、ワンちゃんに与えるのも良いでしょう。

例えば、

  • レタスやトマトと言った水分のある野菜
  • スイカ
  • 豆腐

などが挙げられます。

ワンちゃんも家族ですから、

夏を楽しみながら、一緒に食事を摂ると良いですよ。

スポンサーリンク
犬でもこまめな水分補給が大事

夏バテの原因は水分不足のことが多いです。

夏バテにならないためにも、水分不足にならないように、

こまめに水分を与えることが重要です。

とはいえ、冷たい水ばかりはあげないようにしてください。

コレは人間にも同じことが言えますが、

冷たいものを飲むと、胃腸の機能を低下させてしまうため、

夏バテの原因を起こしやすくなります。

出来れば、常温の水を与えるようにしましょう。

夏バテした犬の運動時間も考える

日中の煌々と照らす太陽のもと、

散歩するのは人間とて嫌な行動ですよね^^;

ワンちゃんも同様で、

日中の日差しの強い時間帯の散歩は、

夏バテの原因になります。

なので、出来れば朝早い時間帯や、

夕方の日差しが落ち着いた時間帯に散歩することを、

オススメします。

また、ワンちゃんはアスファルトに足を付けるわけですから、

アスファルトのこもった熱にも注意が必要です。

足場には気をつけるようにしましょう。

散歩から帰ってきたら、必ず水を与えてあげることで、

夏バテ予防にも繋がります。

以上、犬の夏バテを治療する具体的な2つの対応策でした。

あなたのワンちゃんが一刻も早く、

夏バテ改善されることを祈っております。

スポンサーリンク

コメントを残す