夏バテしやすい犬種がある!?夏バテしやすい犬の3つの特徴

夏バテしやすい犬種がある!夏バテしやすい犬の3つの特徴

犬にも夏バテがあり、人間の症状とよく似ています。

そのワンちゃんの夏バテ。

実は犬種によって夏バテしやすい犬が居ることを、

あなたはご存知でしょうか?

夏バテしやすい時期だからこそ、

私達の飼っている犬を守るためにも、

知っておきましょう。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

夏バテしやすい犬の3つの特徴

夏バテしやすい犬の特徴は、主に3つの特徴があります。

  1. 寒い国の犬種
  2. 短頭種である
  3. 小型犬

この3種類の特徴ですね。

では、それぞれ詳しく説明していきます。

1.寒い国の犬種が夏バテしやすい理由

寒い国の犬種には、寒さに強いという特徴があります。

でも、これは裏を返せば「暑さには弱い」ということになります。

一般的に寒い国で過ごす犬種は、

毛の生え方がシングルコートではなく、

ダブルコートと呼ばれる二重構造になっています。

これは、犬の毛が上毛と下毛の

2重になっている毛のことを指します。

ダブルコートの犬種は、

寒さに強く、暑さに弱いです。

また、日本国内でもダブルコートの犬種が存在します。

柴犬や秋田犬などがそうです。

犬種は

  • コーギー
  • ゴールデン・レトリーバー
  • ポメラニアン
  • シベリアンハスキー
  • チワワ

などがいます。

スポンサーリンク

2.短頭種である犬種が夏バテしやすい理由

短頭種と呼ばれる犬は、暑さに弱いです。

なぜなら、短頭種と呼ばれる犬は鼻が低いため、

鼻の穴がもともと小さいです。

このため、呼吸し辛く、体温を下げるのが苦手なのです。

短頭種と呼ばれる犬種は、

  • パグ
  • ブルドッグ
  • シーズー
  • ボクサー
  • チャウチャウ

などがいます。

3.小型犬が暑さに弱い理由

最後に、小型犬も暑さに弱いです。

小型犬が暑さに弱い理由は、

大型犬と比べると水を飲むスピードが遅く、

大型犬よりも水を飲む意識が低いため、

気づいたら夏バテになっていることが多いのです。

小型犬の場合は、特に水分補給を出来るように、

環境を整えてあげることも大切です。

以上、夏バテしやすい犬の3つの特徴でした。

肝心なのは夏バテになりやすいと理解した上で、

上手に夏場を乗り越えていくことです。

ぜひ、あなたの飼っているワンちゃんが夏バテにならないよう、

予防をしていってくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す