冷たい水を飲むと夏バテになる理由とは?

暑い夏が続いていますね。

こう、毎日暑いと、

ひんやりした飲み物をゴクゴク飲みたくなる気持ちも、

分かります。

といっても

「冷たい飲み物をゴクゴク飲むことで、夏バテになる」

ということを、噂で聞いたことがある人も多いはず。

もしかしたらあなたも、

どこかしらで聞いたことがあるのかもしれませんね。

しかし、冷たい飲み物を飲み過ぎると、

なぜ夏バテになってしまうのでしょうか?

今回はそのことについて、詳しく調べてみました!

スポンサーリンク

冷たい水を飲むと夏バテになる理由

冷たい飲み物を飲む事により、夏バテになる理由は、

主に2つあります。

  1. 胃の機能が低下する
  2. 冷えを悪化させてしまう

では、それぞれ詳しく説明していきます。

胃の機能が低下する

まず、温度に限らず飲み物を飲んでいると、

胃液が薄まります。

そのため、胃腸の消化吸収能力が弱まります。

…が、通常であれば、それもすぐに回復します。

スポンサーリンク

しかし、冷たい飲み物を飲んで胃が冷やされてしまうと、

胃はそれを“刺激”として受け取ります。

冷たい飲み物を刺激として受け取った胃は、

交感神経が強く働いて、胃の血管が収縮します。

その結果、胃液の分泌量が減少して、食欲不振になるのです。

冷えを悪化させてしまう

更に、夏バテの時に冷たい冷房の効いた部屋で、

冷たい飲み物を飲むと、夏の冷え性に掛かってしまう恐れがあります。

夏の冷え性に掛かると、

肩こりや頭痛、疲労感などの症状が現れます。

こういった夏の冷え性に掛かる原因には、

冷たい飲み物が関係してくるというわけです。

夏バテを防ぐ夏の水分補給の方法

さて、ここまで冷たい飲み物が

夏バテに影響する理由について、伝えてきました。

ココからは夏バテを予防するための具体的な方法について、

触れていきます。

まず、夏バテを防ぐには、水を飲むと良いです。

他の清涼飲料水やコーヒーなどで水分を摂ろうとすると、

糖分やカフェインといったものまで摂取してしまい、

過剰摂取の原因になりかねません。

なのでもし、スポーツドリンクやコーヒーなどを飲む場合は、

飲む量を調節するように心がけましょう。

また、水分の温度は、

暑い屋外の場所であれば、冷たい飲み物でも構いません。

しかし、冷房の効いた屋内であれば、

夏の冷え性にならないためにも、

常温か、もしくは温かい飲み物を飲むようにしましょう。

以上、冷たい飲み物と夏バテの関係性について、

理由を書いていきました。

夏バテにならないためにも、

冷たい飲み物は屋外の暑い時だけ飲み分けることが、大切です。

スポンサーリンク

コメントを残す