蚊に刺されやすい人の特徴は血液型にあるって本当?

夏の時期、特に外出時に草木のあるところにいると悩まされるのが、

蚊に刺されです。

この蚊に刺されについては、

『O型の人ほどさされやすい』なんて聞きますけど、

本当に蚊に刺されやすい人の特徴があるのでしょうか?

スポンサーリンク

蚊に刺されやすい人の特徴は存在した

結論から言えば、

蚊に刺されやすい人には、いくつかの特徴があります。

そして、血液型がO型であることも、

蚊に刺されやすい人の特徴の一つです。

では、他にもどのような特徴があるのでしょうか?

蚊に刺されやすい人の7つの特徴

蚊に刺されやすい人の特徴は、以下の7つ存在します。

  1. 血液型がO型
  2. 汗をかいている
  3. アルコールを飲んでいる
  4. 色黒である
  5. 妊婦である
  6. 太っている
  7. 体臭が強い

血液型がO型

血液型はO型の方が刺されやすい傾向にあります。

ただし、実験は行われたものの、

科学的な根拠があることは、証明されていません。

ちなみに、

  1. O型
  2. B型
  3. AB型
  4. A型

の順に、刺されにくいようです。

スポンサーリンク

運動後に汗をかいている

運動後に汗をかくと蚊に刺されやすい理由は、

主に2つあります。

  1. 乳酸の臭いに反応するため
  2. 体温を感知できるため

蚊は汗に含まれる乳酸の臭いに反応して、

近づいてきます。

ジョギングやランニングなど、

有酸素運動の運動直後に乳酸は特に多く分泌されるため、

蚊はその臭いに反応して、近づいてくるのです。

また、蚊は熱を感知できるため、

体温が上がると、蚊は反応しやすくなるということです。

アルコールを飲んでいる

アルコールを飲むことで、

体内ではアルコールを分解するために、

多くの二酸化炭素を排出します。

蚊は動物の出す二酸化炭素に反応して、

近づいてきますので、

アルコールを飲むと蚊に刺されやすくなるのです。

色黒である

蚊は、色がある程度判別できるようになっていて、

暗い色に集まる習性があります。

そのため、

  • 黒の服を着ている
  • 肌が色黒である

といった特徴を持ってる人は、蚊に刺されやすくなるのです。

ともすれば、松崎しげるさんはこの時期大変かもしれませんね…(笑)

妊婦である

妊婦の人は、蚊に刺されやすいです。

なぜなら、妊婦の人はいつも以上に、

呼吸をして酸素を取り入れる必要があるからです。

つまり、呼吸することで、

酸素を取り入れて二酸化炭素を排出するため、

蚊に刺されやすくなるのです。

また、ホルモンバランスが変わって体臭が変化することで、

蚊に刺されやすくなる、という理由もあります。

太っている

太っていることで、蚊に刺されやすくなるのは、

  • 体の表面積が広いため
  • 汗をかきやすいため

この2つの理由から、蚊に刺されやすいと言われています。

体臭が蚊の好みである

体臭が強いことで、蚊に刺されやすくなる場合があります。

これは、体臭の中に含まれている成分が、

蚊の好みの臭いである場合は、起こり得ます。

実際にロンドン大学の研究によると、

蚊には好みの体臭があって、それに向かって飛ぶことが、

確認されたとのこと。

とはいえ、蚊に好まれない体臭を放っている人には、

蚊を寄せ付けないため、特徴と呼べるかどうかは謎ですが(汗)

以上、蚊に刺されやすい人の7つの特徴でした。

スポンサーリンク

関連記事はこちら!

コメントを残す