外で蚊に刺されないためにする4つの方法!!

何とかしたい夏の悩みといえば、

暑さの他に「蚊に刺される事」ですよね。

蚊に刺されは外出時に特に多く、

どうにかして刺されないようにしたいところ。

そこで今回は、

外出時に蚊に刺されないためにする4つの方法について、

まとめてみました。

スポンサーリンク

外で蚊に刺されないためにする4つの方法!!

外で蚊に刺されないためには、以下の4つの方法があります。

  1. 長袖長ズボンを履く
  2. 温かいものを用意する
  3. 扇風機などを用意して常に当たっていること
  4. 蚊の嫌いな香りを纏う

では、それぞれ見て行きましょう。

長袖長ズボンを履く

長袖長ズボンを履くことで、肌の露出部分が減ります。

肌が露出してる部分しか、蚊は血を吸うことが出来ません。

なので、長袖長ズボンの状態で外に出歩けば、

蚊に刺される面積が減り、蚊に刺されにくくなる、

という訳です。

ちなみに、服の色にも気をつけましょう。

一般的に蚊に刺されにくい色は白です。

なので、白に近い色を着て行くとよいでしょう。

ただし赤色の場合は、蚊が黒の次に好む色のため、

あまり良いとはいえません。

スポンサーリンク

温かいものを用意する

蚊は、温かいものに引かれる習性があります。

そのため、体温よりも温かいものを用意することで、

そちらに誘導することが出来ます。

扇風機などを用意して常に当たっていること

扇風機にあたっていることで、

蚊に刺されにくくなります。

理由は3つあります。

1つ目は、蚊の飛行を妨げることです。

蚊の飛行スピードは時速2.4km。

そのため、風が吹いているところでは、

飛行障害を起こしてしまうため、蚊に刺されにくくなるのです。

2つ目に、蚊の臭いを感知する感覚が、

強い風によって鈍ってしまうため、蚊に刺されにくくなります。

3つ目に、扇風機に当たれば、当然ながら体温が下がります。

蚊は温度の高いものにひかれる習性があるため、

体温が下がれば、相対的に蚊に刺されにくくなるのです。

蚊の嫌いな香りをまとう

蚊が好きな臭いを発生させるため、

蚊に刺されやすくなります。

では逆に、蚊の嫌いな香りをまとったら、

蚊に刺されにくくなるのではないでしょうか?

一部のアロマは、蚊の嫌いな香りがあって、

そのアロマを使うことで、蚊に刺されにくくなります。

蚊の嫌いなアロマは、

ゼラニウムやレモンユーカリの香りです。

ちなみに、余談なのですが、

黒いアイツもゼラニウムやレモン系の香りが苦手です。

自分の肌に吹き付けるだけでなく、

マットなどに吹き付けておくのも、効果的ですよ。

スポンサーリンク

関連記事はこちら!

コメントを残す